2017年11月4日土曜日

【出張ついで鉄】秋深し。赤坂田駅の朝


JR花輪線赤坂田駅前の投宿先で目覚めたのは、6時11分発の下り始発列車(大館行き1923D)が駅に到着する10分前だった。前夜は早く床についたのに日頃の夜更かしぐせが抜けずに寝つけず、宿にたくさんあった漫画のうち、浦沢直樹『MONSTER』を読み返してしまったからだ。

そうしてまず始発列車を駅前の道から眺めた。前夜到着したときは日没後で、あたりのようすがよくわからなかったけれど、日が出てみるとあたり一面の山々の木々が美しく色づいている。この景色を見るだけでも楽しい。




6時31分発の上り始発列車(日詰行き、鹿角花輪~盛岡:1922D 、盛岡~日詰:2586D)をねらうために犬に吠えられながら歩いてみたものの、20分ではなかなかいい場所が見つけられない。



さらにひとつ先の踏切までたどり着けば、きっといい場所なのにと思いながら、けっきょくは踏切にて列車を待った。ただし、ここでは上り列車は雑草に遮られてうまく写せそうにない。そこで、駅に到着するよう様子を後追いで眺めた。高速道路が邪魔だけど。


乗り込んだのは数人の高校生のようだ。そして、前夜の最終列車と同じように、女性の車掌がきびきびと発車の合図を出すさまを眺めてから、自分も投宿先に戻った。これから忙しい撮影の仕事を始めるためだ。

【撮影データ】
Nikon D7200/AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>/RAW/Adobe Photoshop CC

0 件のコメント:

コメントを投稿