2014年11月10日月曜日

【秩父鉄道6000系6003編成撮影記事】やっぱり好きだ!…...急行リバイバル6003編成


いまごろ気づいた。秩父鉄道6000系の前面の黒い塗装の部分は左右非対称なのに、6003編成は左右対称になっているのだ。運転士側のワイパー下が埋められて、他の編成はここは白い塗装になり、ウインクをしているような表情なのが秩父6000系の特徴なのだけど。こういうところも、さすがですなあ。






そして、この電車のサイドビューでは、私は側扉付近と連結部分と前頭部分を切り取るのが好きだ。それは西武時代からそう思っていて、うまく説明できない私の好み。上半分の小豆塗装のカーブは、国鉄の塗装のようでもあるし、よく考えられていると思う。

それにしても、昭和34年の300系電車導入時にこの塗装をデザインした人は偉大だ。下半分の塗り分けラインを下げて、ローライズジーンズのような、野暮ったく見せないようなデザインを考えたのだから。もし、この塗り分けラインがもっと上に位置したら、伊豆箱根鉄道の復活赤電のように「田舎電車」に見えたことだろう。

ラインカラーよりもツートンカラーのほうが似合うと思う

伊豆箱根の復活赤電もう楽しかったですけどね
【撮影データ】(秩鉄6000系)Nikon D7000・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>、Ai AF Nikkor 35mm f/2D、Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D(西武新101系および伊豆箱根1100系)Nikon D2X、D7000・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>・RAW(Capture NX2にて現像)

0 件のコメント:

コメントを投稿