2014年11月5日水曜日

【秩父鉄道6003編成"300形急行リバイバルカラー”撮影記事】日暮れどきの急行

CTK_6003F_in_revival_color_001

さて、いつもの駅で6000系6003編成「300形急行リバイバルカラー」を撮ったあと、どこで三峰口から戻って来る上りを撮るか考え込んだ。5002列車は撮れないので、それを考えないでもまあいいとして(でも、 秩父まで救援に向かったデキも見てしまったので気にはなるのだが)。同じところにいてもさすがに飽きたので、やはり移動することにした。


CTK_6001F_in_original_color_with_anniversary_mark

途中で沿道から見える写真をあれこれ撮っていたら、この場所に着いたとたんに5002列車が走っていった。C58363の汽笛が川面に響く。そして、そのあとしばらくしてやって来た急行は......あれ? 6001編成だ。1007列車(急行5号)の折り返しは1010列車(急行8号)ではないのか。実は急行列車をきちんと狙ったのが初めてかもしれない(だから、仕業とか行路をきちんと知らないのです)。三峰口で車両交換したということは、6003編成が通過するのはさらに1時間後のはず。

いずれにせよ陰ってしまうからこの場所ではもう撮り続けることは無理だ。

nagatoro_autmn

CTK_6003F_in_revival_color_002

そうなれば、もう残照の照り返しなどをもとめないで撮るほかない。というわけで、川原でシルエットにすることにした。え? 6003編成だということがわからない? もう少しシャドウを持ち上げて拡大すると、微妙にわからなくもない。いいのいいの。撮影者はけっこう満足したから。

0 件のコメント:

コメントを投稿