2017年9月26日火曜日

【江ノ電PETIT撮影記事】日暮れの海岸にて


都心に用事があって出た日のことだ。雲ひとつない青空だったので、用事を済ませてからまっすぐに帰らずに東海道線に乗った。ふと思いついて向かったのは江ノ電沿線だった。








「海なし県」に住んでいて、最近はあまり遠出もしないでいるせいか、なんとなく海を見たくなった。水平線が見たくなったということかもしれない。もちろん、いま使わせてもらっているカメラでいろいろ撮らねばならないから、という理由もある。

江ノ電はほとんど「乗っただけ」でまともに写してはいない。検査上がりの305編成はこの日動いていなかった。江ノ電はすでに撮影しているひとが多いし、かなり工夫しないと自分の写真になりにくい。正直言うと、そこまでして江ノ電をなにがなんでも撮影したいという強い意欲があったわけでもないから。それでも、ひさしぶりに1000形の吊りかけ駆動音にもえたし、いいのだ。

そんなわけで、こうして組み合わせるとほとんど列車の写っていない「じらし写真」になった。写真とは組み合わせかたによって、見せ方を変えることができるという見本かも(冗談です)。

【撮影データ】
Canon EOS 6D Mark II/EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM, EF70-300mm F4-5.6 IS II USM/RAW/Adobe CameraRaw

0 件のコメント:

コメントを投稿