2012年8月17日金曜日

【小湊鐵道ついで鉄記事 その1】「昭和過ぎる」小湊鐵道。五井にて


夏らしい暑さが続きながらも、朝晩には秋の気配が感じられるようになってきた。海水浴もお盆過ぎにはシーズンオフになってしまう。

先日、房総半島に子どもと二人で出かけてきた。海水浴をしたことのない我が子と泳ぎに行くのが目的なので、鉄道を線路際で本格的に撮る旅ではない。

とはいえ、この思いつきのきっかけはブログ「mitsuka115JNRの語るひととき」を書いていらっしゃるmippyonさんの記事のおかげで、千葉県内のJR各線および小湊鐵道、いすみ鉄道、銚子電鉄に一日乗り降り自由で、特急券を買えば特急にも乗れる「パワフル×スマイルちばフリーパス」というフリー切符の存在を知ったから、もちろん鉄道趣味とまったく無関係でもない。



なにしろ、「子連れついで鉄」とはいえ、あわよくば久しぶりに小湊鐵道やいすみ鉄道にも乗りたいと思ったていたし、113系なき後の「走ルンです王国」(涙)であるいまの外房・内房線も見てみたいと思っていたから。

そこでまず、五井に早めに宿をとり、我が子と私の気分と体力で行き先を決めるいい加減な旅をすることにした。 海水浴の荷物があるので、カメラは最小限に抑えてD2Xボディに、マニュアルフォーカスニッコールレンズのAi28ミリF2.8S、Ai50ミリF1.8S、Ai改造135ミリF2.8を選択。高倍率ズームレンズよりもずっとレンズが小さいのに、だんぜん高画質なのが痛快な選択肢だ。

出発した日は雨だし子どもも寝坊したので、市川で切符を買ってから蘇我まで行き、自由席特急券を追加して特急に乗り換え、鴨川シーワールドを目指した……けど、だんだん空が晴れてきたので御宿で急遽下車して、海岸に行った。

海岸に出て私たちは黙り込んだ。会話なんて不要だ。でも、赤ん坊の頃に見て以来、機会がなくて海を見たことがなかった我が子が呟いた台詞が忘れられない。たぶん、この瞬間は私は一生忘れないと思う。小さな声で「うみがこんなにきれいだとはおもわなかった……」と我が子はつぶやいたのだ。

さて、この日は御宿でさんざん遊んでから五井に行った。高滝の花火大会にも連れて行きたかったけど、列車に間に合わず、夜の五井駅と周辺の様子を見ていた。それだけでも十分楽しめてしまうのが、小湊鐵道のいいところだ。

ホームには高滝の花火大会関連で里見行きが堂々たる4両編成として出発を待っている。あのDMH17Cエンジンが奏でるアイドリング音の四重奏だ。平成になった頃は地方の非電化路線に行けば珍しくもなかったのに、JREでは在来気動車を置き換え、残った国鉄形の機関も交換してしまってのはみなさんご存知のとおり。そもそも、日本全国の非電化路線も減少したり軽快気動車に置き換わっているから、DMH17Cエンジンを響かせて気動車が発車準備をするというのは、いまや貴重な光景だ。

小湊鐵道側の側線には、木造の無蓋貨車が1両ぽつねんと置かれていた。すでにRM編集長ブログで目にしていたけど、実際に目にするとなんだかシュールな光景にも見える。我が子は木造の単車なんて初めて目にしたのではないか。「きかんしゃトーマス」に出てくる下り勾配で「押せ押せ押せ」と機関車を押しやったり、がちゃがちゃ騒いで機関車を怒らせたりする「いたずら貨車」は、ああいう貨車なんだよと我が子と笑う。
小湊鐵道本社に沿って歩いてみる。機関庫のアイツが見えないかな……いたいた。元電車であるキハ5800を発見。旧型電車好きにはたまりませんな!

この夜は駅近くで地元町内会の盆踊りが行われていた。キハ5800を見ているとずっと炭鉱節や大東京音頭が聞こえていた。この後はその小さなお祭りを見て焼きそばとかき氷を食べ、我が子と盆踊りを踊った。なんだか夏の夜の夢のように一日が過ぎていく。

0 件のコメント:

コメントを投稿