2015年1月9日金曜日

【秩父鉄道1980年代】1986年8月、影森にて300系を見る


JNR_series115_1000_at_Ohanabatake_sta_Aug_1986
国鉄115系1000番台「みつみね」号(御花畑)
【旧ブログでもお見せした画像ですが、記事を再構成してお届けいたします】
さて、年始に武甲山の麓の駅で秩父鉄道6000系6003編成急行リバイバルカラーの急行「開運」号を見たとき、私の記憶の奥底にある映像が脳裏に甦るのを感じた。それは、いまをさかのぼること29年前。1986年8月に家族とレジャーで浦山鍾乳洞に出かけた際に見た、300系の姿だった。


たしかあれは、夏休みの終わりの頃だった。西武池袋線沿線に住んでいた私は夏休みのレジャーとして、浦山鍾乳洞と浦山川での川遊びに出かけることにしたのだと記憶している。小雨まじりの曇り空だったようだ。石神井公園か池袋から西武秩父行きに乗ったようだ。というのも、同じネガに「奥秩父」号ヘッドマークをつけた西武101系初期形を写してある。芦ケ久保での長い交換待ちのあいだにその写真を撮った。

そして、御花畑で乗り換えたのが、国鉄から乗り入れてきた115系1000番台の「みつみね」号だった。冒頭の写真はその御花畑進入シーンだ。この写真ではわからないが、この編成は高崎線には珍しいMc-M-T-Tc(クモハ-モハ-サハ-クハ)の4連で、先頭のTc車が中間車から改造された1500番台車だったことも覚えている。新潟や長野にしかいないと思っていたクハ115-1500番台車を秩父鉄道で見るとは思わず、いまでも覚えているのだから、思春期の記憶力というものは侮れない。

もっとも、少年老いやすく学なり難し、という成句もあるけれど。あいたたた。

ともかく、御花畑から乗った115系電車は秩父鉄道線内では当時は貴重だった冷房車であったことはうれしかった。そして、影森駅構内で私をよろこばせたのは、大好きだった300系電車が入庫中だったこと。そして列車の進行方向を虎視眈々と見ていたようで、115系の車内から50ミリ(52ミリであったか)の標準レンズで300系を撮っているのだから、当時の私のよろこびようがうかがえる。画面が多少不鮮明なのはご容赦いただきたい。走行中の列車からの窓ガラス越しの撮影だからだ。

CTK_series300_301F_Deha301_at_Kagemori_stn_Aug_1986
115系車内から撮った300系デハ301(影森)

CTK_series300_301F_Deha302_at_Kagemori_stn_Aug_1986
同じくデハ302。画面左に湘南色の窓枠が見える(影森)
当時の時刻表を紛失しているので、急行「秩父路」のダイヤがわからないが、当時は急行は2編成しかなく、午前中と夕方にしか走っていなかった。そして、ふだんは休日しか秩父鉄道を訪問できなかったから、影森で300系が入庫していたのは平日であったからなのか、三峰口に国鉄と東武の乗り入れ車両が来る日であったからなのかは、私にはわからない。

ただ、このあと日を改めて平日に秩父鉄道を訪問しても、300系は三峰口で夕方の出庫を待つところは見たものの、影森にいる姿を見たことがない。

0 件のコメント:

コメントを投稿