2015年1月13日火曜日

【秩父鉄道撮影記事】デキの季節


いつもいつも、同じような絵柄の写真ばかり撮っている。「写真好き」としての視点で考えれば、飽きないのかと不思議だろう。確かに飽きることは事実。けれど、「鉄道ファン」の視点で考えると、決して「同じ写真」ではないので、飽きない。


この勾配のあるいつもの駅間の勾配を逆光側から見ることが好きだ。ここを超望遠レンズ(といっても、35ミリ判換算で300ミリから450ミリ相当)で眺めることが好きなのだ。ここをゆっくり下ってくるデキは石灰石を積んでいるので、おそらくブレーキ操作を慎重に行う必要があるだろう。だから、そろりそろりとゆっくり勾配を降りてきて横瀬川を渡る。わずかに機関車がうなり声を上げるのは、横瀬川を渡ってカーブしながら駅構内に入るときだけだ。

そのデキの背後や線路が輝く様子、勾配の途中をカラスが横切る様子を見ていることが好きなのだ。季節を問わず。そして、冬期は双方のパンタグラフを上げて走ることも。




【撮影データ】Nikon D2X・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>、Ai AF Nikkor 300mm F4 ED・ISO100・RAW(Capture NX2にて現像)

0 件のコメント:

コメントを投稿