2015年5月11日月曜日

【秩父鉄道撮影記事】走れデキ108


先日から、秩父鉄道の旧型電機のことを1両ずつ取り上げて書いているところを見ると、さてはお前ブログのネタに困っているな! と読者のみなさんは思っていらっしゃるだろう。半分あたりだけど、半分はずれ。アップするネタはあるけれど、どう書こうかと迷っているうちに月日が流れているだけだ。でも、ためらっていてはいけないね。

というわけで、3回に分けて書いているデキ100型のうち、松尾鉱業から来たひさしつきボディが渋いデキ108について今回は書こう。僚機デキ107とともに「秩父デキ派」に人気のある車両だが、デキ107が昨年度末に検査切れとともに退役したので、このひさしつきボディのデキはデキ108のみとなった。
1980年代までは思えば各地に旧型電機がいたので、デッキつきでひさしのある電気機関車はそう珍しくはなかった。いまとなるとたいへん貴重だし、その力強さが魅力でもある。デキ107の退役は残念だが、おそらくは予備部品の確保という意味合いもありそうだ。デキ108の少しでも長い活躍を見守っていこう。


などと、実にありきたりなかっこいいことを書いてもおもしろくない。この日曜日は5002列車撮影後に波久礼から乗った各駅停車から、長瀞で退避している武州原谷行きの鉱石貨物列車を見ると、先頭に立つのがデキ108だった。そこで「これは! 押さえねば」と決断し、上長瀞で待ち構えたのが冒頭の写真だ。

そして先週からどうも、デキ108と105を撮ろうとすると名前を知らない同じ方に遭遇するのがいとをかしではある。あ、私はつぶやいていない情弱なので、たぶん偶然。

その後、河原で待ち構えていた。日向のバーベキュー客以外は河原には私一人で、5月なのに実に寒かった。とはいえ、暮れなずむ空を背に姿を見せたデキ108は実にかっこよくて、風邪を引いた甲斐があったというものだ。

そして、文章もここ数日あわただしくなってからようやく頭が動き始めた。きっと、荒療治がときには必要なのさ。怠惰はいろいろなものごとの敵だね。

【撮影データ】Panasonic LUMIX DMC-G7・LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.、LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.・マニュアル・フォトスタイル「ヴィヴィッド」・JPEG

0 件のコメント:

コメントを投稿