2015年5月16日土曜日

【秩父鉄道撮影記事】少し前のことを、いささか感傷的に


16日(土曜日)に秩父鉄道広瀬川原車両基地(熊谷工場)では、「わくわく鉄道フェスタ」(車両基地公開イベント)が行われた。雨が時々混じるような天気は、このイベントではいささか珍しい。私は今回は自宅で仕事をしていたので欠席してしまった。いや、それは語弊があるな。仕事をしようと自宅にいながら、ずいぶんとのんびりしてしまったというべきか。

自宅でパソコンに向かいつつ、身が入らない仕事をしながらハードディスク内の写真を閲覧していてふと思いついてモノクロでRAW現像をしてみると、なんだかその作業がおもしろくなってしまった。


ただし、どういうわけかいささかメランコリックな仕上げとチョイスといえなくもない。そして、日中に撮影した写真はあまりいいとも思えない。どうも、日中は「列車写真」「編成写真」を狙いつつ、日没後になにかほかの撮り方をするという行動を取るようだ。でもそうか。夜は編成写真を撮りにくいものね。そうすると、自分には夜の写真のほうが楽しい。ぶっ、不器用ですからっ。






まあ、読むほうは他人の感傷になんて興味は惹かれないだろう。たまたま、少しくたびれたなあと思いながら静かな音楽を一日かけていたら、なんとなく感傷的な写真の仕上げになったという程度の意味でしかない。既出の写真もあわせてアップしてみた。

【撮影データ】Nikon D2X、D7000、D800・AI AF Nikkor 24mm f/2.8D、AI AF Nikkor 35mm f/2D、AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>・RAW・Capture NX2にてRAW現像時にモノクロ化、粒状ノイズ追加、Adobe Photoshopにて周辺部を焼きこみ

0 件のコメント:

コメントを投稿