2015年5月3日日曜日

【西武6000系6157編成撮影記事】黄色い6000系電車ついに捕捉す!

黄色い6000系登場!
自慢にもならないが私の西武鉄道沿線在住歴は長い。いまさら、よほどのことがないかぎり他の路線の沿線に住むつもりもいまやないので、その長さも日々更新中だ。もっとも、来年あたり突然、ビバ青葉台! とか、南大沢万歳! などと言い出していたら、生暖かく見守ってほしい。本八幡とかちはら台、小金城址ということはたぶんない。山手線の内側に住むことも。



そんな西武線ヘビーユーザーである私なのに、西武6000系6157編成の黄色いラッピングのことを東横ユーザーの非鉄な他誌記者に聞いたあたりが、あいかわらずじつに私はうかつだ。冒頭のドヤ顔のくだりに香ばしさが醸し出されはしないか。しないな。単に痛いだけか。あいたた。

西武鉄道に趣味的な愛がなくなったのかな、私は。やはり、単に101系電車ヲタか。

その、なれそめからしてあまりご縁がなかった黄色い6000系電車には、西武池袋線を毎日使っているのに、まったく出会えなかった。そもそも春先の黄色い花はロシア人は不吉だというし……*。東急ヒカリエ号には会えるのに。赤いラッピングにもしばしば乗るのに。地元の電車に会えないなんて。副都心線対応改造をバカ殿とののしったこともないのに。

のにのに。とおじさんが連呼してもかわいくない。かわいくないものに正義はないかもしれず。

まあ、そのうち出会えるさ、と沿線をうろついていたある日の夕方。日没後にようやく遭遇できた。地上運用だったので、これならとらえやすいぞ。というわけで、まず小手指駅端で待ち構える。

借りているカメラは先日のあいつとちがい、特に高感度に強いわけではない。ただし、望遠には強い。小手指駅端から600ミリ相当で見る絵は、じつに新鮮だ。


ISO25,600でむりやり撮ってみました
飯能行きとして東横走ルンですが下っていくのを眺めていたら、狭山ヶ丘から奴が来た。黄色いアイツだ。狙撃兵の気持ちだ。よーく引き付けてから撃て!


車内は変わらないよ
もちろん乗ってみる。なかみは何も変わらないことは承知のうえだ。池袋まで行き、今度は超広角ズームで撮る。あ、考えたら地上の池袋駅にいるのはややレアかもしれない。


まったく違和感がない気がする
赤い9000系やアニメラッピング電車よりもなじみすぎるくらい
黄色い6000系には驚くほど違和感を感じない。NACK5ラッピング電車や暗殺教室ラッピング電車に感じる、「なんだかなあ」感がない。ぜんぶこうしちゃいませんか。ついでに、白い新101系にも、黄色をよろしくね☆

*そもそも春先の黄色い花はロシア人は不吉だというし……。:ロシアをはじめ、ロシア文化圏の強い影響を受けているウクライナやベラルーシ、さらに、おそらくは旧ソビエト加盟国の首都レベルではまだそうだろう。黄色い花は不吉とされる。『巨匠とマルガリータ』でも、ヒロインであるマルガリータが登場したときは黄色い花を抱えていて(不幸せそうなようすの女性が)「巨匠」はその花のことを見るのも嫌な不安をかきたてる色などという。黄色は「裏切り」「関係の終わり」を暗示する色なのだとか。

【撮影データ】Panasonic LUMIX DMC-G7・LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.、LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.・マニュアル・フォトスタイル「ヴィヴィッド」・JPEG

0 件のコメント:

コメントを投稿