2015年5月4日月曜日

【東武東上線8000系PETIT撮影記事】リバイバルカラー2本、東上線末端区間を運用中!


東武東上線小川町〜寄居の区間運転に用いられている8000系ワンマン対応車を「きちんと撮ろう」と思いながらもなかなか腰が上がらないのは、もちろん私が怠惰だから。昨年の5月の連休にもそう思ったくせに、結局撮っていない。時間があれば秩父鉄道沿線に繰り出してしまうので、東上線に行く時間が惜しい! とさえ思う私の「消極的東武ファン」っぷりは、熱心な東武ファンにはお叱りを受けてしまうだろう。秩父鉄道にはもうアンタがあんなに好きだった1000系電車がいないなら、東武8000系を撮ればいいじゃないの。と思うのに、どうもあのその。東武顔じゃないから、とかごにょごにょ。

それにしても東武鉄道の「中の人」たちには、博物館のかの花上さん(面識はありませんが)以外にも、相当「お好きなみなさん」がいるのではないかと思う。自社広告ポスターに出てくる電車のチョイスが絶妙だし。そしてなによりも、この連休に私を驚かせたのは、少なくとも3日と4日は東上線ワンマン区間にリバイバルカラーの2編成がどちらも運用入りしていること! おまいらチャンスだ! 第一種戦闘態勢! 捕捉次第各個に撃破せよ!


この連休の西武秩父線と秩父鉄道の混雑ぶりはなかなかのもので、西武秩父行き臨時電車は朝のラッシュアワーのような混雑だ。秩父鉄道の電車も、寄居〜御花畑はけっこうな混雑をする。西武も秩父も混雑による遅延もあって驚く。影森から上り電車に乗ってきた地元の男子高校生たちが西武秩父駅の混雑を見て「なにあれチョーきめえ!」と叫んでいて、思わず笑ってしまった。けれど私にもその「違和感」はわからなくはない。市内のお祭りで副市長が「おかげさまで、たいへんな数の観光客のみなさんにお越しいただき!」と(揉み手をするような声で)挨拶しているのを聞き、沿線が活気にあふれているのはいいことだと思う。

けれど正直言うと、ちょっと人混みに疲れてしまう。なにしろ、キューピーコーワゴールドなんて買ってしまったくらいだから(苦笑)。そこで帰りを東上線経由にしているというわけだ。明らかに西武線経由のほうが運賃は安いし、4000系かレッドアローなら椅子がいいのだが。夜まで待たないと西武秩父駅で座席の奪い合いになるのが目に見えるようで、いささかげんなりする。

なにしろ、午前中の段階ですでに「特急レッドアローの座席は19時過ぎの列車まですでに満席」と案内しているくらいだからさ。

その、消極的な東上線利用を2日続けてみたら、どちらの日にもリバイバルカラーが二本ともいたというわけだ。森林公園の中の人ら、狙ったな! おかげですこうし元気が出たぜ。



【撮影データ】Panasonic LUMIX DMC-G7・LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.・プログラムオート(クリエイティブコントロール「レトロ」)・JPEG

0 件のコメント:

コメントを投稿