2015年5月15日金曜日

【上毛電鉄撮影記事】ニコンF3を目にして、京王3000系に思いを馳せる


昨日、打ち合わせに行ったエディトリアルデザイナーの事務所の本棚に、Ai-S 50mm f/1.4SつきとおぼしきニコンF3が置かれているのを目にした。ボディ各部がはげ、ファインダー外装には軽い打ち身がある。長く使われたように見える。そのようすがとてもかっこよかった。

じつをいうとニコンF一桁のうち、F4を多用した私自身にはF3はなんとなく縁遠いカメラだ。好きなのはもっぱらF2というへそ曲がりなニコンユーザーだ。だから、私には「F3を熱く語るニコン好き」を斜に構えて見ているところがあるかもしれない。けれど、私が尊敬するF3ユーザーはみな、物持ちがよくてアクティブにいい写真を撮る、そしていちように精悍な人たちが多い。彼ら/彼女らの撮る写真に惹かれて、F3をさり気なく使う人たちを見ると、ある種の尊敬の念もわく。

ニコンF3の角張ったジウジアーロの手がけたデザインは、2015年になって振り返ると、1970年代終わりから1980年代のデザインを見るようで、いまなら素直にかっこいいと思える。けれど、そのころの私には実にありふれたものに見えたから、いまひとつ好きになれなかったのだろう。同時代にそのよさに気づかない私の感覚が凡庸というわけだ。

京王井の頭線3000系電車も、その頃の私には「あかぬけなくて凡庸な電車」に当時は思えてならなかった。いかにも昭和20年代から30年代ふうの湘南型の正面スタイルで、細かい違いはあるものの昭和37年から平成3年にかけて作られ続けたというのは、子ども心には「新しいのか古臭いのかよくわからない電車」に見えた。




「あたりまえのようにある、ありふれたもの」などというものは、存在しないのだ。そう気づかされたのは大人になってからだ。あたりまえに思わせるものごとが「あたりまえ」であり続けるには、私たちが目に見えないように努力をしている人たちがいるのだ。

思えばF3はF4よりも長く作られ、ニコンF一桁機初のAE搭載機ながらも、その頑丈さはよく知られるところ。いやもちろん、F4もとても頑丈なカメラではあるけれど、外装が真鍮であることもあってF3のタフなイメージはとても強い。

ニコンF3の話を前振りにして、京王3000系の話をするとはむりやりな力技だと我ながら思う。このときは借りていたDfボディで撮影しているから、F3やFE、FM系の1970年代終わりから1980年代テイストのカメラから、「永らく続いたF3の治世」という連想が、どういうわけか京王3000系電車→上電700型電車という連想に筆者自身の頭の中にだけ結びついたからなのだろう。

Dfはちなみに、クラスわけの範疇に収まらないカメラだ。D4同等の撮像素子と画像処理エンジンを用い、主要部分はD600を利用しているので、使い勝手はミドルクラスに近く、F3よりもFE系のカメラを使っているような気持ちになる。頻繁にモデルチェンジしないでも困らないカメラだともいえる。位相差AFの性能はD750やD810なみにもう少し頑張ってくれたらいいとは思うけれど、それらの機種の登場以前に発売されているので、それはやむを得ない。

角ばったデザインのおかげでこういう古いAFレンズもよく似合う
F3だけではない「歴代ニコンのいろいろな機種」を彷彿させる
さて、いつもお世話になっているおっとっとさんの「地味鉄庵」では、北陸で活躍する元京王3000系(片開き扉の初期車も!)の姿を披露されている。元井のヘッド頭線3000系電車は各地の都市郊外で通勤通学輸送を担う地方私鉄に高く評価されているのだということがわかる。京王の営業努力だけではないだろうから。

【撮影データ】Nikon Df・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S (IF)・RAW

0 件のコメント:

コメントを投稿