2017年6月11日日曜日

【ニコンカメラチラシの裏】AI Nikkor 85mm F1.4Sのこと


35mmフルサイズセンサーを備えたニコンD750を試用する機会があったので、高校生の頃に買ったもののさいきんはめったに使わないマニュアルフォーカスのAI Nikkor 85mm F1.4Sを装着して、少し撮ってみた。


以前も書いたけれど、この85mmという焦点距離がセーネンの頃はあまり好きになれなかった。そのときは「なんとなく絵にできてしまい、そのくせたいしておもしろみがない感じ」と当時感じていた理由を書いた。望遠圧縮効果がおだやかであることに、望遠レンズとして使うにはものたりず、標準レンズよりははっきり画角が狭いことが、そのころの自分の腕では使いこなせなかったのだろう。

それが、いまや85mmという焦点距離がだんだん楽しくなってきたのだから、いろいろとおもしろい。マイクロフォーサーズのLUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.がいまやいちばん自分がよく使うレンズだもの。あのレンズはまた、近接できることと飾り気のないデザインも好きだ。そこで思い出して、AI Nikkor 85mm F1.4Sを持ち出した。ふだん使う私物のニコンはDXフォーマット機のD7200なので、このレンズをつけると127mm相当と焦点距離が長くなってしまう。むしろ、90mm相当になるAI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dを使うことが多い。35mmフルサイズで85mmレンズを使ってみたかったのだ。

こうしてひさしぶりに使ってみて、20代から30代にかけてこの85mmをあまり使わなかったのは、焦点距離以外の理由があったのではと思わされたのが今回の試用結果だ。このレンズは『アサヒカメラ ニューフェース診断室』によれば収差補正が過剰補正型ではなくて完全補正型で、ぼけが美しいかわりに解像感はそう高くはない。また、絞り値を大きくしても解像感が変わらない。それ以前のマイクロニッコールレンズや、Aiレンズ化ごろの1970年代までのニッコールレンズはむしろ、過剰補正型が多くて絞り開放でも解像感が高い。そういった設計のためか……正直言えば当時の私の目にはピントが合わせにくいレンズだったのだ。いまよりもファインダーが見やすいボデイを使っていたはずだけど……数年前までは光学ファインダーではこのレンズを使う自信がなかった。昨年、私はじつは両眼の手術をしたので、そこに気づいた。視力がだいぶ回復していまでは撮影するときは裸眼でピント合わせをしているものの、ここ数年は光学ファインダーでマニュアルフォーカスレンズで撮影するのはあまり気が進まなかった。




いまの最新の大口径レンズはもっと合焦部分がはっきり見えるし、絞ったときの解像感ももっと高い。そして逆光にも強い。それにくらべると、D750ボディはローパスフィルターがあることもあって、AI Nikkor 85mm F1.4Sの絵はずっとおだやかだ。時間をかけて撮影することができる場合で、おだやかな絵がほしい人物撮影などに使ってみるのもおもしろそうだ。そして、35mmフルサイズの被写界深度の浅さも楽しかった。

【撮影データ】
Nikon D750/AI Nikkor 85mm F1.4S/Adobe Photoshop CC(RAW現像)

0 件のコメント:

コメントを投稿