2017年8月21日月曜日

【上信電鉄撮影記事】ブルーアワーの根小屋駅


日没直後に上信電鉄根小屋駅に降りた。いつもであれば、佐野のわたし方向に歩いて烏川にかかる佐野橋から列車をねらう。けれど、そういう絵ばかりを撮っているので、ひさしぶりに根小屋駅を見下ろせる場所にやってきた。

そうしてカメラを構えてしばらく待つと、6000形の下り列車がやってきた。見ていると意外と乗降客がある。ここは高崎からもすぐ近くの住宅街でもあるから、高崎に出かけていたひとたちには路線バスのような存在で、気軽に乗ることができる足なのかな、などと考えていると、列車が動き始めた。


ここで引き上げてもよかったけれど、欲が出てもう一本列車を待ってみた。こんどは150形第3編成の上り列車のお出ましだ。空がみるみる暗くなる。けれど駅の明かりで列車が照らされるタイミングがあるはずだ。数人の乗客が列車に乗り込んだあと、列車が駅を出た。動き始めると列車が照らされて後部が暗いなかで浮かび上がった。



そうして、あたりはふたたび静けさを取り戻した。去りゆく尾灯を見送ってから三脚をたたんで自分も駅に向かった。

この撮影では、マニュアルフォーカスで名玉としてかつて名高かったAI Nikkor ED 180mm F2.8Sを使い、1.3×クロップを用いた。最近はマニュアルフォーカスニッコールレンズを使うことはまれだし、クロップモードで撮影をすることはほとんどなかったけれど、180mmはクロップモードで用いても画質がよくてうれしくなった。180mmをもっと使うべきだと思わされた。ヘッドライトを大きく画面内に入れるような撮影では、私の持っている個体ではニコンスーパーインテグレーテッドコーティングではないので、デジタルゴーストが出てしまうから、状況を選びつつ、ね。

そして、じぶんの好みではD7200はISO 6400までの絵が好きだ。ISO 3200より高感度ではD7500のほうが、画素ピッチも少し大きくて画像処理エンジンが新しいぶん、高感度ノイズをきれいに処理するとは思うし、高感度を用いるとD7200ではRAW現像時にむりな現像処理はできない(現像時にシャドウを大きく持ち上げるようなことはあまりおすすめできない)。それでも、私にはD7200のざらつきを残しつつ解像感もそう減らない絵のほうが好み。あえていえば、D7200のややスミっぽいざらつきのある絵が好き。はですぎなくていい。BLEでペアリングをして画像の転送時にWi-Fiに切り替わるSnapBridgeよりも、消費電力が大きいとはいえ常時Wi-Fi接続をするWireless Mobile Utilityのほうがスマホとも接続しやすいし。とはいえ、もはやD7200は旧製品になってしまったので、メンテナンスを考えるとそう使い続けるわけにはいかないけれど、まだまだ活躍してもらうつもりだ。

【撮影データ】
Nikon D7200/AI Nikkor ED 180mm F2.8S/RAW/Adobe Photoshop CC

◆上信電鉄関連記事
【上信電鉄PETIT撮影記事】烏川橋梁ふたたび(2017年7月12日)
【上信電鉄撮影記事】烏川橋梁にて(2017年5月10日)
【上信電鉄撮影記事】デキ牽引『 2016ファンタジー』号走る(2016年5月2日)
【Nikon D7200記事】位相差AFに驚かされる、の巻(2016年3月24日)
【上信電鉄撮影記事】西武所沢車両工場製東武風顔電車、下仁田にて(2016年1月24日)

0 件のコメント:

コメントを投稿