2017年8月25日金曜日

【Nikon D7200関連記事】手持ちレンズ での「AF微調整」


私はここ2年ほどD7200を使っている。ボディ内AF(カプラー駆動)のDタイプニッコールレンズを用いても、低照度でのAF性能(測距能力とAF駆動の速度)がD7000よりも向上していて、ファインダー撮影でもきちんとピントが合うところに満足してきた。

ところが、いま私物のD7200を(AF以外の)調整に出していて代替機を使ってみてひどく驚かされた。ファインダー撮影で後ピンになるのだ。先日、マニュアルフォーカスニッコールレンズをファインダー撮影すると、ことごとく後ピンになることから、AFニッコールレンズを試してみても、やはりあやしい。

ライブビューに切り替えると正確にピント合わせができるので、おそらくは……メインミラーとサブミラーの取付角度がほんのわずかにずれているのではないか。工業製品だし、使用状況が異なれば個体差があるのはしかたがない。強調しておきたいのは、これはD7200すべてにあてはまるというわけではなく、私の所有するレンズとこの代替機との相性の問題だ。

とはいえ、借り物の代替機に機械的な調整を勝手にするわけにはいかない(返却時に指摘するつもり)。そこで、使用する私物のAFニッコールレンズのAF微調整を行って登録することにした(返却時にはカメラ設定全体をもちろん初期化する)。AF微調整とは、AF合焦位置を前ピンあるいは後ピンに設定してしまう方法。これについては、やり方を説明しているWebサイトがたくさんあるのでそちらを参照してもらいたい。巻末に参照したページを記しておく。このAF微調整(キヤノンの言い方をすれば「AFマイクロアジャストメント」)の原理などがわからない方は、そちらを見ていただきたい(かつ、理解できない場合は手を触れないほうがいい)。まずはメーカー公式Webサイトと内容がきちんとしているページを見てほしい。



このAF微調整を行いながらおもしろいなあ、と思ったのは。このボディはどのレンズでも後ピン傾向になることは予想通りだったものの、調整不要なレンズがあったこと。それは、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dと大昔のAi AF Nikkor 300mm F4 ED(IF)。どちらも、絞り開放から解像感がかなり高いレンズだ。そこでもしかして、と思った。以下は私の推測でしかないので、アレだけど。

絞り開放のフレアっぽさが多いレンズは位相差AFでも誤測距しやすいのではないか、ということ。おそらく、ややミラー固定位置がずれていて、後ピン傾向のあるボディにはさらに絞り開放でのフレアが多めに残るレンズがダメ押ししてしまうのではないか。そりゃそうだよな、絞り開放でAF測距をするのだもの。原理的にはファインダースクリーンにあったスプリットイメージを電子化したようなものだし。最新のGタイプニッコールレンズの大口径レンズが手元になく、それらで試すことができないこと、きちんとチャートや試験装置を作って試してはいないので、これらはもちろんあくまでも憶測だ。

それにしても、D5やD500のAF微調節の自動設定は便利そうだ。今後の機種はみんなああなってくれるといい。

AF50mmf/1.4Dは好きなレンズ

ふるいふるいAF300mmはよく写るなあ
【9月4日追記】調整から帰ってきた私物のD7200ボディはこのAF微調整をしないでもやはり済むから、個体差の問題だ。使われてきた環境や経年変化の可能性もある。

【AF微調整のさいに参照したページ】
(メーカーおよび販社公式ページ)
■製品に関するQ&A(ニコンイメージングジャパン)
『AF(オートフォーカス)のピント位置を調節する方法を教えて下さい』
■EOS-1D X Mark IIスペシャルサイト(キヤノン)
AFマイクロアジャストメント

(媒体Webサイト)
■デジカメWatch(インプレス)
『特別企画 遠距離・近距離どちらにも強いAF微調整術を伝授 まさかの“ライブビュー試行錯誤”でここまでできた』(北村智史さんの記事)
■studio9(中原一雄さんの運営するWebサイト)
『自分で出来る! カメラのピントを微調整する方法。[AFマイクロアジャストメント]』




0 件のコメント:

コメントを投稿