2015年9月10日木曜日

【上毛電鉄撮影記事】デキ3021+テ241ばんざい! 大胡電車庫にて萌える☆

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.でサイドビューを撮ったよ!

7月のエントリーで、上毛電鉄大胡電車庫にある、東急7000系電車由来のパイオニア台車を利用した仮台車についてふれた。すっかり夏が終わってしまったものの、遅まきながら、こうして大胡電車庫を訪問した日のことを書きたい。




あれは梅雨晴れの日のこと。前々から行ってみたかった大胡電車庫の見学を申し込んだ。申し込みは事前に電話かメールで行うむね、上毛電鉄Webサイトにある。170円で30分程度のあいだにひと通り説明していただけて、撮影をしてもかまわないというのだから、とてもありがたい。春や秋の電車庫イベントでも見ることはできるが、ふだんの姿も見てみたいではないか。

デハ101と「上電×スナガ」712-722編成
私が訪問した日は、デハ101は2番線の手前にいた。そして、その奥では715−725ジュエルピンク編成が検査中。パイオニア台車を履いていたのはこいつだった。なんでも、機械室の工具もいまは使わず、検査は「京王さんに外注」(案内してくれた係員氏)しているそうだ。なるほど、京王重機整備は車両の販売と保守もセットで行っているのか、と思った次第。

715−725ジュエルピンク編成は検査中で、パイオニア台車に

東武5700系クハ701の台車でしたっけ?
奥には東武からきた仮台車もあった。そして、デハ104はじつに美しく塗装されている。車籍がなくて動かせないとはいえ、方向転換をしてデハ101とは連結したら幌で行き来できるのならば……そのうち、車庫敷地内で牽引! などという姿が見られたらうれしい。これは私の妄想だ。

車籍がなく動かせないデハ104もピカピカ
建物の外の、デキ3021+テ241の定位置に行ってみたら驚いた。あれ。デキがパン上げしているぞ……。

(係員氏)「これから車庫内で入れ替えをするので、動かしますよ〜」
(私)「ええっ! ま、マジっすか(そう言いそうになった)見ていていいですか!」
(係員氏)「どうぞどうぞ〜」

懐かしいコンプレッサーと独特の汽笛を響かせて、目の前でデキ3021が動き出して、感激した。もう、それだけで車庫見学に来たかいがあった。
ななな。なんとデキ3021がパン上げして……! 


クララが! クララが立った! デキが動いた!(動画よりキャプチャ)
いちど詰所まで戻り、もう少しだけ撮影させてもらうことにした。するとこんどは、712−722編成も動いた。大胡駅構内を見ると、先ほどのデキ+テはパン上げしたまま留置中だ。運転していた係員氏に聞いたところ、もう少し駅構内に停めておくという。
入れ替えのために712−722編成も動き始めた
そこで、お礼を言って電車庫を辞して、駅に戻って駅員氏に声をかけてプラットホームに入った。しばらくはデキ+テのひとり撮影大会でしたよ、あなた!

デキ3021+テ241は大胡駅構内に出てきた

なんと模型的なことか!
真っ黒い被写体なのに14時過ぎのトップライトではある。それはもうやむを得ない。RAW現像時にシャドウをつぶさないように、撮影時の露出に注意した。おかげで、もともと好きだった上電がすっかり大好きになってしまった。しみじみいいわ〜。

【撮影データ】Panasonic LUMIX DMC-GX8・LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.、LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.・RAW(Adobe CameraRawにて現像)

0 件のコメント:

コメントを投稿