2015年11月23日月曜日

【秩父鉄道2014年春】ポジフィルムで振り返る2014年3月21日「さよなら1003F貸切り&撮影会ツアー」



秩父路より1000系電車(元国鉄→JR東日本101系電車)が姿を消して、はや1年半を過ぎた。最後に残った1003編成オレンジバーミリオンIIがさよなら運転を行ったのは2014年3月末のこと。よく晴れた3連休の日だった。

私はそのうち初日の21日に参加をした。その際のもようはすでに記事にもしてある。じつはそのときには、常用していたNikon D7000とともに、Nikon F2 Photomic Aを持っていった。デジタルカメラとフィルムカメラでそっくり同じ写真を撮っていたというわけだ。ここ数年はすっかりフィルムカメラから縁遠くなっていたが、Nikon F2と単焦点マニュアルニッコールレンズを使い、ポジフィルムで撮りたいなあという気持ちはいまでも少しはある。「昭和のカメラで昭和の電車を撮る」のもなにやらロマンがある……ような気がするところが、私のヲタたるゆえんというわけだ。

もっとも、製造開始が昭和32年の国鉄101系電車を撮るならば、Nikon FかNikon SPを使うべきではないか、という気がしなくはない。レンズも非AiでシングルコートのNIKKOR-AUTO! などと言い出すときりがないので、レンズはAi-Sニッコールだ。ボディもNikon F2 Photomic Aは昭和50年代のカメラだし、というわけで、気分の問題だ。いいのいいの。F2を使いたかったのだ。






あの日は3月末とは思えないほどの好天に恵まれた。列車写真を撮るにはいいけれど、撮影会には天候がよすぎたほど。そんな日の正午の撮影にフジクロームベルビア100(高彩度のほう)を選んでいるのだから、シャドウ部はばっちりつぶれているのはやむを得ない。記録写真には昔はフィルムなら彩度の高くないものを選んだし、モノクロであればコントラストを落としてシャドウを覆い焼きしたものだ。なお、スキャン後に空は焼きこんで落としているので、原板では空はもう少し明るい。

こうしてハイコントラストなポジからのスキャン画像を見ると、このトーンはいかにも古いフィルム写真というように思えるから不思議だ。どうせならやはり、F2やFにモノクロフィルムを入れて持ち歩こうかな。

【撮影データ】
Nikon F2 Photomic A/AI Nikkor 20mm f/2.8S, AI Nikkor 35mm f/1.4S, AI Nikkor 85mm F1.4S/Fujichrome Velvia 100

【関連記事】
【秩父鉄道1000系撮影記事】オレンジバーミリオンIIの最後の花道「さよなら1003F貸切り&撮影会ツアー」(2014年3月22日)

0 件のコメント:

コメントを投稿