2015年11月1日日曜日

【秩父鉄道SLパレオエクスプレス撮影記事】秩父路秋本番なり


2週間ぶりに訪れた秩父路は、すっかり秋の装いだった。先々週はまだ紅葉は始まったばかりという印象だった。5001列車は武州日野で迎えた。影森〜三峰口はこれからの季節は日陰になる時間が多い。ここもタイミングを選ばないと木立の陰になる。これで450mm 相当の300mm だ。




そして5002列車は浦山川橋梁へ行った。キャンプ場できちんと200円の施設使用料を払い(管理人さんがいないときは置いてある缶に入れる)河原で列車を待った。ここは列車を待つあいだに散歩をしているのが楽しい。ここは積極的に広角で撮りたくなる。私が持っていたいちばん広いレンズは35mm 相当になる24mm だった。もっと広くても楽しい。川の中州の白っぽい砂の扱いに注意かな。

とはいえ、Takaさんのように5001列車(午前中から昼まで)を撮るほうが、やはり陰にならなくていい。せっかくの色づき始めた木々が陰になってしまう、とやきもきしていたら列車が来た。そして、画面に舞い落ちる葉も写った。ちょっと笑ってしまい、消さないでおいた。

【撮影データ】
Nikon D7200/AI AF Nikkor 24mm f/2.8D, Ai AF Nikkor 300mm F4S ED/RAW/Adobe CameraRaw

0 件のコメント:

コメントを投稿