2015年3月18日水曜日

【お仕事ついで鉄活動記事】八高線に乗る


出張で前橋まで出かけた。自宅から直行するのに、西武沿線在住の私ならおそらくは大宮から新幹線経由か高崎線経由で行く、あるいは新秋津経由で行くべきであろう。だが、いちばん交通費が安い経路は、川越市・寄居経由だった。つまり、東武東上線で寄居に出て、八高線で高崎に行き、両毛線に乗ること! やっほう、仕事なのに八高線非電化区間に乗れるぞ。


とても穏やかに晴れていて、気温も高く汗ばむほどの陽気だ。こんな天気の日に東武東上線小川町以遠と八高線非電化区間に乗るのは、とても楽しい。寄居では「いつもなら秩父鉄道に乗るのだが、今日はなんだかすみません!」と心のなかで秩鉄の駅員さんに頭を下げつつ(かすかな罪悪感めいたきもちがあるのはなぜか)、八高線のディーゼルカーを待ったら、やってきたのキハ110はリバイバルカラー編成だった。

これはキハ38の登場時の塗装......そういえば、八高線でキハ38が走り始めた頃は、オンボロなキハ30・35のなかにあってスマートで明るく見えたっけ。数カットだけ写真があるはず、と思いながらキハ110に揺られる。それにしてもキハ110は電車みたいに加速が速い。

さて、高崎では峠の釜めしを買おうと企んでいた。ところが、乗り換えが絶妙によすぎたことと、湘南色の115系1000番台とEF641000番台国鉄色にうつつを抜かして、買っても食べる時間がなくなってしまった。そこで見かけたのは、荻野屋のおにぎり。なるほど、商売上手ですなあ。あの容器もちょっと扱いに困るものね。でも、今度は釜めしかだるま弁当を買って、食べる時間と場所を確保しようっと。


【以下は旧ブログで掲載したものですが、再掲載します】
1988年10月、東飯能〜高麗川にて


0 件のコメント:

コメントを投稿