2015年3月2日月曜日

【ニコンカメラ記事】Nikon1 V1の輪郭強調設定のこと


昨年2月末にNikon1シリーズに関してあれこれ書いてから1年経った。あのあと、まさかのV3発売と、1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6の供給不足というファンにはうれしいニュースもあった。あの記事を書いたときに危惧していた、Nikon1はどうなってしまうのかな、という不安は多少は払拭された。Nikon1シリーズは位相差AFを用いた高速AFと連続撮影速度の速さを売りにすべきなのだと思わされもした。

筆者はいまだにV3を店頭で触りはしても、使用していないのでV3の絵に関しては何も書けない。グリップと外づけEVFを組み合わせたスタイルがいちばんいいけれど、けっこうなお値段よね(苦笑)ともやはり思う。そこで、シンプルなデザインが売りのはずのうちのV1に迫力を持たせてみた。グリップと外づけマイクとレンズフードをつけると、なんかすげくね?


もっとも、私のV1は1 NIKKOR 10mm f/2.8つきの「薄型レンズキット」で入手したはずなのに、もっかのところは1 NIKKOR 18.5mm f/1.8がつけっぱなしだ。このレンズはAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(かの泉水センセイのレンズですね)と光学系が同じとされ、絞り開放だちょっとパープルフリンジが出るかなあ、と思わせなくはないけれど、たいへん切れ込みのいいレンズだ。

前にも書いたが、Nikon1は単焦点レンズで写してこそ「一眼レフ並みの高画質」を得ることができると思う。その「一眼レフ並みの高画質」を作り出すもののひとつが、輪郭強調。V1に関して言えば、デフォルトでは設定が強すぎる。購入当初に試写したときには「なんとまあコンデジ画質なのだ!」と思ったものだけど、1段階弱めてみると、「ありゃ! けっこうぼけるじゃんか」と思わされるのだ。

初期設定の輪郭強調

一目盛り減らしてごらんなさい
ただし、ズームレンズを使うには輪郭強調はデフォルトのほうがいいと思う。こういうことを楽しむには、やはり単焦点レンズを用いるほかない。1 NIKKOR 32mm f/1.2もものすごくよさそう。あとはやはり、単焦点マクロレンズが出ればいいのにな。

古い写真しかなかった。珍しく1 NIKKOR 10mm f/2.8で撮影
そして、アプティナ・イメージングではなくSONYのセンサーになったらすごくおもしろくなるのだが。正直言って、アプティナのセンサーはちょっと階調再現がアレよね。SONY製センサーになって1インチセンサー対決の新局面になったら、なおおもしろいのだけどな。SONY製の例の有効2,010万画素CMOSセンサーであれば、たとえば4K動画対応だって画像処理エンジン側が対応すればべつに夢物語ではないから。いや、妄想が先走りして失礼。

0 件のコメント:

コメントを投稿