2014年4月13日日曜日

【秩父鉄道1980年代】急行「秩父路」用300系電車のこと その2

デハ302。旧塗装期の末期
【はじめに】以前のブログで何度か記事にした秩父鉄道300系電車について、加筆して再録する。第2回目は300系電車の多少のディテールについてお話しする。なお、写真は特記のない限り1985年10月1日撮影。

■ディテール解説
 主電動機は三菱電機製のMB-3032-A形(75KW)で、小田急2220形や長電2000系と同じ。音色をはっきりは覚えていないが、YouTubeで動画を見ることができるので、知りたいという方はアクセスされたい。初期の新性能電車らしい静かな音がする。制御装置はABF-108-15 EDCH形で、同番号のものは京急1000系や長電2000系にも用いられている。ブレーキは三菱電機AR-D(発電ブレーキ併用自動空気ブレーキ)型。昭和30年代の私鉄形の高性能車の典型のような組み合わせなのだろう。


シンプルなデザインの運転台

デハ301・302の台車はNA-4P

サハ351
台車は第1編成電動車はコイルばねのNA-4P、第2編成電動車は空気ばねのNA-301。昭和41年に増備された付随車の台車はサハ351がNA12TB、アルミ合金製車体のサハ352は空気ばねのNA319Tをはく。
アルミ合金車体で空気ばね台車のサハ352(1984年11月)
パンタグラフは三菱オリジナルのS-734-CC形(PT42のように、上下の枠がN字形のもの)。昭和40年代から50年代に他の車両と共通化のためにPS-13に交換されている。

サハ351の台車NA-12TB

デハ301。座席の白いカバーが見える
 ヘッドライトはオデコに1灯。第1編成は昭和57年(1982年)頃、第2編成は昭和60年(1985年)頃にシールドビーム化改造が行われている。また、デハの屋根上にあったランボードも昭和60年頃にパンタグラフ付近を残して撤去された。
1984年11月の写真では301編成にランボードとサボがある
 ヘッドマークはぜんぶで3種類あった。長らく用いられていた大型のものは、昭和57年頃に小柄のもの(掲載写真のもの)にかわり、運転台後ろにあったサボ受けも使われなくなった。小柄なヘッドマークはこのあと、黄色に塗装変更された際に車体の塗装に合わせたものに置き換えられている。
500系(右)と。500系の2連の運用も日中にはあったようだ
■秩父路の花形電車ながら、記録されていないこと多々あり
 「昭和34年(1959年)に登場し急行『秩父路』の運用に用いられ」と、この電車を紹介する文章はあまたある。ところが、「有料急行運用にいつから用いられたのか」を記したものをほとんど見たことがない。それこそ前述のパンタグラフの件のように、「昭和40年代前半から後半にかけて」という、たいへんあいまいなことばかり書かざるを得ない。
 地方私鉄の車両を調べていて壁にぶつかるのはこういうときだ。登場したばかりの頃の珍しい写真は見つかっても、その後の日常のようすがなかなかわからない。300系電車について具体的にいえば、昭和30年代〜40年代の「正面窓が小型化された頃」「3連化されたばかりの頃」「ヘッドマークが装着された頃」のことがいまひとつよくわからないことが多い。もっとも、いくら写真好きでカメラを所有する人が多い国であっても、鉄道を当時撮っている人はいまほど多くはなかったはずだから、やむを得ない。
 さて、急行「秩父路」は昭和44年(1969年)より三峰口〜熊谷で運用が開始されたという(*)。となると、ヘッドマークを掲示しはじめたのはおそらくこの頃からと考えていいだろう。
 300系電車は2編成しかなかったので、1992年に後継の3000系電車に置き換わるまでは(3000系は3編成導入された)、急行「秩父路」は朝夕に三峰口〜熊谷を往復するだけで、日中は三峰口または影森、熊谷に留置されていた。

【参考文献】井上広和、高橋摂(1987)『関東の私鉄19 南関東・甲信越』保育社(保育社カラーブックス583)
『鉄道ピクトリアル』(1998年11月号)特集秩父鉄道

*急行「秩父路」は昭和44年(1969年)より三峰口〜熊谷で運用が開始されたという:ソースがWikipediaなので文献等での検証ができず。

0 件のコメント:

コメントを投稿