2014年4月19日土曜日

【秩父鉄道C58363撮影記事】西日をあびて

CTK_C58363_with_Sakura_head_mark

撮影したのはソメイヨシノが咲き始めた頃だから、もういささか前になってしまった。「SLさくら号」のヘッドマークを着けたC85363がSLパレオエクスプレスとして走った日のことだ。

CTK_C58363_at_Hirosegawara_freight_station

天気のとても変わりやすい日だったので、この日は5001列車が熊谷を出発した頃は晴れていたのに、長瀞に着いた頃には曇り。5002列車も三峰口を出て長瀞に着く頃までは曇り空のもとを走っていた。ところが、熊谷に着く頃にはすっかり晴れ模様だった。

写真は光がないと撮れないのはもちろん。それは概念的な意味ではなく、「絵になる」「絵にならない」という意味でもいえるのはご存じの通り。そこで、あまりに天気がいいのでC58363の入庫シーンを桜堤から見ることにした。

平成になった頃、鉄道誌に中国の蒸気機関車の記事が流行った時期があると思う。日本では知られていなかったこともあって、ツアーもさかんにあったようだと記憶している。中国の開放政策が始まり外国人が鉄道を撮ることが可能になったこと、大規模な開発の前で中国にまだ蒸気機関車が残っていたこと、そして円高だったことがその理由にあるだろう。中国の蒸気機関車を撮る何人かの有名な写真家がいたことを覚えているが、彼らの重厚な作風から、いまでも私には蒸気機関車を「色温度の低い光で逆光気味の絵」で撮ると、どういうわけか条件反射的に「中国の蒸機の写真」を連想してしまう。

そんなことを考えながら桜堤からC58363にレンズを向けていた。それにしても、蒸気機関車を撮るというのもいいものだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿