2014年4月8日火曜日

【秩父鉄道7800系撮影記事】ナナハチの春

(かの「宇宙世紀0079……」のナレーションの口調で)人類が日本国有鉄道101系電車を使用しはじめてすでに半世紀が過ぎていた。東京や大阪の周辺は巨大な通勤圏内のベッドタウンとなり、人々はそこで子を産み育て、通勤し、社畜として死んでいった。

CTK_series7800EMU_7801F_01
ナナハチファースト捕捉成功!

西暦2009年春。東京からいささか離れた都市熊谷にある秩父鉄道では東急8000系列電車が秩父鉄道7000系列(7000系、7500系、7800系)を名乗り、旧国鉄101系である1000系電車の置き換えを始めてきた。この6年間にわたる戦いは東急の線路上から8090系を消滅させ、秩父1000系を完全離脱に至らしめた。昭和の古臭い鉄道車両好きな鉄ヲタはその行為に恐怖した。


……お目汚し失礼いたしました。最近、ガ☆ダム世代の同業者とそんな話ばかりしておりまして、つい(´Д` )。

CTK_series7800EMU_7801F_02
撮れる、撮れるぞ!

さて、東武7800系なきあとに武州に舞い降りた21世紀の「ナナハチ」として、秩父鉄道7800系電車の第1編成デビューからすでに1年。第4編成まで増備されたいまとなっては、熊谷を起点とした通勤通学輸送に2両編成の「秩鉄のちっこい奴」は北武区間と影森以遠だけではなく、秩父本線を走り回っていることはすでに既報の通り。4編成まで増えたいまでは、だいぶ捕まえやすくなってきた。

cherry_blossom_river_bank_01
小さな1M1T2連はこちらにも

CTK_series7800EMU_7803F_01
サード捕捉!
昨年春のようすは捉えられなかったので、今年は春のナナハチのようすを狙ってみた。

cherry_blossom_river_bank
線路際は春まっさかり

CTK_series7800EMU_7804F_01
フォース捕捉。フォースを信じるんだ
それにしても、クルマを乗りつけて沿線にいらっしゃるパレオ狙いの方々は試し撮り以外には電車を撮りませんなあ。大きなお世話だけど、そういうのは鉄道とか沿線にたいする愛が足りない気がするのさ。電車移動の人たちは電車にもカメラを向けている人が多いと思う。

もちろんパレオのことを「ジオングの脚」扱いするわけでは決してないけれど、きっと「偉い人にはわからんのですよ」ということさ。ナナハチみたいなここにしかいない楽しい電車もいるのにね。

まあいいや。おじさまがたと競合しないのは撮りやすい。私は天使すぎるナナハチの「奇跡の一枚」(←眼医者行け)を狙ってみようっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿