2014年4月9日水曜日

【国鉄1980年代】ED16のこと

JNR_EL_ED1610_001
1986年8月の沼津機関区撮影会にて
鉄道に興味を持つ人で、首都圏で1980年代までに思春期を迎えたアラフォー以上の人なら、青梅線にいたED16を覚えているだろう。

デッキと先台車つきのぶどう色2号に塗られた旧型機関車は、当時すでにEF65により次々に置き換えが進んでおり、軌道の制限があるような路線でかろうじて残る程度になっていた。80年代になると、鉄道貨物の減便もおそらくは合理化と称して国鉄民営化移管をにらんで進められていたろうから、関東ではわずかなEF15くらいしか旧型電機を見ることはできなくなっていた。


そのなかでも青梅線には貴重な戦前のD型電機であるED16が1983年3月までは残されていて、オレンジバーミリオンの101系や103系電車が行き交うなかを、奥多摩から運び出される石灰石を南武線を経由して浜川崎まで運ぶために走り回っていた。

JNR_EL_ED1610_002
ED1610は大宮にて保存中なのだとか
ED16が生き残ったのは軸重制限があったからと言われているが、思えば石灰石を満載しても奥多摩からは下り勾配を走ることからF形の電機は不要だったこと(とはいえ、ED16はEF64とEF15のF形電機に置き換えられたのだが)、他線区では力不足になる代替のD形直流形電機を製造する余裕もなかったこと、さらには想像でしかないが、その頃すでにトラック輸送に遠からず置き換えられる可能性も考慮されていたのではないか。

私にはED16は、御嶽山や鳩ノ巣渓谷など、青梅線沿線レジャーに出かけたさいに見かける「青梅線らしさ」を感じさせる存在だった。とはいえ、その頃はまだ写真を始めていなかったために写真を撮ることなど考えたこともなかった。そして、私が鉄道趣味から離れていた1998年8月に青梅線の貨物輸送自体がトラック輸送に置き換えられてしまい、いまは石灰石輸送列車を見ることはできない。

さて、掲載した画像は青梅線で撮影したものではなく、東海道線開業100周年を記念して1986年夏に行われた沼津機関区での撮影会で撮ったものだ。ナンバープレートが古い形式名入りのものに変えられているのは、撮影会でのサービスだったのだろう。この撮影会は西日本の電気機関車も集められた大がかりなもので、EF30や竜華機関区のEF15(隣に写っているシールドビーム2灯化改造された機関車。184号機)、セノハチのEF59(EF53のナンバープレートが取りつけられていた)といった、本でしか見たことのない機関車を見ることができて、楽しかった。

【お知らせ】4月現在、本業で抱えている案件に時間を取られているため、基本的に土日にのみ新規記事の更新を行うことにいたします。あしからずご了承くださいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿