2014年4月14日月曜日

【秩父鉄道1980年代】急行「秩父路」用300系電車のこと その3

Chichibu Railway(CTK) series 300 EMU_in_yellow_001
塗装変更された301編成(1987年4月)
【はじめに】以前のブログで何度か記事にした秩父鉄道300系電車について、加筆して再録する。第3回目は300系電車の塗装変更のことについて。

■1000系導入時の塗装変更
  今回は私的なエピソードを交えて書くことをお許しいただきたい。長らく小豆色とはだ色のツートンカラーをまとっていた秩父鉄道の電車は昭和61年(1986年)の1000系電車導入を期に、黄色に茶帯(近年の言い方で言うところの、いわゆるチョコバナナ塗装)に置き換えられた。バスやタクシー、ロープウェイの車両もこの塗装になり、分社化したままいまでもこの塗装なので、沿線に行かれるみなさんには馴染みがあるだろう。

 いま思えば省力化とコストダウンを兼ねたこの塗装は、当時の私には正直言って残念でならなかった。小豆色とはだ色のツートンカラーは東武の急行色のような色合いではあっても、塗りわけラインの位置の低さがローライズジーンズのような、重さを感じさせない巧みなバランスを持っているように思えて、たいへん好感を持っていたからだ。

 急行秩父路に用いられていた300系電車はこの時代、黄色に紺色の帯を巻くことで、一般用車両とはちがうことをアピールしていた。アルミ合金製のサハ352には黄色と紺色のラインが入れられ、これはなかなか巧みな意匠に思えた。




Chichibu Railway(CTK) series 300 EMU_SAHA352_with_yellow_and_blue_line
サハ352の新塗装はなかなかよかった(1987年8月)

■警笛を鳴らして走る
 300系電車に初めて乗ったのは、昭和59年(1984年)11月23日のこと。紅葉を見るために、三峯神社へ家族で出かけたときだ。

 ご存じの通り、御花畑駅の改札口は列車が入線する直前に改札を開始する。急行列車が来る場合はそのむね表示され、急行券が別途必要だと駅員が小さな待合室に向けて案内する。いまも変わらないこの光景を初めて見た小学生の私は、いったいどういう電車がやってくるのか興奮しながら待っていた。その当時でも珍しくなっていた硬券の急行券を握り、改札を済ませてホームに入ると、やってきた急行列車はヘッドマークをかざした湘南型で二扉セミクロスシートの立派な電車だった。

 座席には地酒の広告の入ったシートカバーがあり、内装はクリーム色の化粧板。天井は白く塗られていて、1980年代の流行とはちがう、少し前の意匠であることは子ども心にもわかった。古い観光バスのようだ、というのが第一印象。だが、古い電車ながらもていねいに扱われている雰囲気が好ましかった。

 さて、御花畑を出た列車はさかんに警笛を鳴らして走った。いまよりも第4種踏切も多かったはずで、そもそもこの日も踏切事故で遅延していたのだ。そして、影森から先は当時はまだタブレットを用いていたので、駅での進行方向がいまとは異なっていた。運転席後ろに座っていたところ、武州日野で窓の外の保護棒に駅員が運転士に渡したタブレットが音を立てて当たり、意外と大きな音がしたので飛び上がった。

 この日の出会いで秩父鉄道と300系電車がすっかり気に入ったので、中学生になってからは秩父鉄道に何度も通った。当時すでに小田急から800系もやって来ていたとはいえ、釣り掛け駆動や初期のカルダン駆動の自社発注の特色ある電車が大切に使われている印象があったからだ。でも、急行列車の走りはうまく撮れなかったためしがなかった。技術もなく、おまけに当時は朝晩しか急行運用がなかったために、前泊しない限り撮影できる機会も少なかったからだ。そして、100形電車が退役した昭和63年(1988年)春に秩父に通わなくなってしまったので、それ以降は300系電車を写すことがなかった。

■JR165系に置き換えられて退役
 300系電車は1992年に老朽化と冷房改造が困難であることを理由に、JR165系に置き換えられて廃車になった。冷房化による重量増加には電動機の出力も足りなかったろうし、ブレーキの更新なども行うには、中古車を購入するほうが費用もかからなかったのだろう。

CTK_110th_Anniv_event_series1000EMU_1007F_and_1002F_in_revival_color
2009年11月23日秩父鉄道110周年記念イベントにて

0 件のコメント:

コメントを投稿