2013年11月10日日曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】オリジナルカラー1010編成@熊谷

急行のとなりで出庫準備中
頬に当たる風が冷たくて、秋の深まりを感じる。朝晩の気温の下がり方が秋の始まりとは違う。風に乗って聞こえる駅ホームのアナウンスに耳を傾けながら、ライブビューで慎重にピントを合わせる。夜だと白い電車は目立つんだな、などと考えながら。

急行発車!
先日、帰路に熊谷駅で留置中の1010編成を眺めていた。よく整備されてまだきれいだし、秩鉄標準色も夜の照明にあたると明るい印象があって好ましい。

それにしても、この週末はパレオエクスプレスの後藤デフと秋らしい沿線風景を合わせて撮るには天気が悪い。気温が低いから蒸気や煙は期待できるけれど、大多数のファンは「すっきりした秋晴れ」を撮りたいだろうから、ちょっと気の毒だ。雨で喜ぶのはここで駄文を書いているヲタな私くらいでしょうが。
このあと、羽生行きとして出庫していったよ
ところで、たそがれ時の撮影は天候を選ばずにドラマチックに見えるという利点があるのをみなさんご存知? 万人にお勧めできるわけではないけどね!

0 件のコメント:

コメントを投稿