2013年11月18日月曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】西日のなかをセンガタン快走!

寄居から秩父鉄道の電車に乗り換えて、かんぽの宿の最寄り駅に着いたら、駅の混雑ぶりに驚いた。なるほど、みかん狩りの季節ではあるらしい。寄居周辺でも木々が紅葉し始めていて、影森から先はきっときれいな山々が見られることだろう。今日は、というのか今日も所用のあとにやって来たので、日のあるうちに山のほうにはたどり着きそうにない。

そこで、以前も来た国道140 号沿いのカーブに陣取る。国道の上り方向は渋滞している。そのそばをダッシュする電車を見るのは、ドライバーのみなさんには悪いけど楽しいかも。長瀞対岸に抜けても寄居町手前は慢性的に渋滞する140号なんて走りなさんなよ。観光なら寄居町役場にでも停めて電車に乗るといいよ! ←子どもが小さいときにたまにそうしていましたよ、私。
そんなふうに笑ったせいか、上り列車の狙ったポジションは山の影になってしまった。しかし、パレオ前に案の定オレンジバーミリオンIIこと1003編成キター! いやー、来るかもしれないと思い、来たらうれしいくせに驚いたのなんの。

こういう「引きが強い」日はたまにある。これはまさか、いやいや、そんなはずはないよな、と下り電車を待ってみたら……マジですか、秩鉄オリジナルカラーご降臨!

あわわ、あわわ。この場所は下りはカーブであってもあまり減速しない。しかも、カーブ内側が草でよく見えない。だから、私のいた場所からするとタイフォンが鳴って「いきなり」列車が現れるように見える。「ぷわん!」という電子音ではないタイフォンともの悲しげなMT46モーターの加速音、レールのジョイント音に驚いたら、1010編成が現れて目の前をびゅーん! と走り去って行った。かっこいいね、やっぱり。
それにしてもまさか1時間で1000系残り2編成を引き当ててしまうとはつゆ思わず、これはどうしたことかと慌てる。いま、パレオ前後数本には仕込みがあるだろうことは想像つくとはいえ、できすぎだ。

しかし基本がダメ男な私は、このあとパレオの流し撮りには失敗した、なんていうのはナイショである。あーあ。

いいの!  せ、1000系を撮りたかったんだから、きっ、気になんかしていないんだからねっ!

追記:駅前のライフ寄居店閉店は今ごろ知ってショックなり……寄居での貴重な食糧調達先および夏冬の時間つぶし場所がなくなってしまった。昼間ではないとホームのおそば屋さんは営業していないし、県内のチェーン店であるだんごのみよしも、少し離れているから。地元住民ではなく、沿線が好きな鉄ヲタでしかな私だけど、一階にだけでもコンビニではなくスーパーマーケットが入ってくれないなかあ、と切に思う。ライフが業務提携について交渉しているとされる県内の企業であるヤオコーとか地元のベイシアとかさ(すでに男衾方面や用土方面のロードサイドにあるんだよなあ。ベーカリーコーナーのあるヤオコー希望)。このままでは、ただでさえ商業施設のある140号沿いにますます人が流れるね。それとも、秩鉄さんはビルの建て替えや改装をするつもりなのだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿