2013年11月12日火曜日

【高崎線211系PETIT撮影記事】211系C16編成に(たまたま)何度も出会う

特別快速の待ち合わせを狙う
高崎線の211系C16編成にたまたま遭遇できる機会があった。上下で見ることができたのはなんとも運がいい。というのは、別に時間を調べて張っていたわけではなく、沿線の例の「ダーチャ」に行って用事を済ませていた前後だったから。

高崎線に残る211系C16編成も、明らかに使いつぶそうという意図を感じる傷み方をしているように思える。車内もなんだか傷んでいて、ヨ231や233のほうがぱっとみ新しくてきれいだ。でも、211系は国鉄時代末期の電車でシートは断然こちらのほうがいい。どっしりした走りもなかなか素敵だ。

用事を済ませて昼を食べてのんびり帰ろうとしたら、あらま!
正確に時間をチェックしていないけれど、前回も川越からバスで上尾に向かってたまたま出くわしたし、おそらく固定運用で用いられているのではないかと思う(調べていないのであてにしないでね!)。そんななか、たまたま上下で出会うことができたのはなんとも運がいい。おそらく、きちんと撮る機会がないまま引退してしまうと思うけど、狙わないで撮れただけでもありがたい。
再び特別快速で先回りしてワープ!
夕方なので付属編成つきでした
それにしても、湘南色帯でもっぱら見慣れているので、房総地区の青と黄の帯や長野地区の帯にはなんだかまだ違和感があるかも。房総のちょんまげパンタを撮らなかったのは若気(?)の至りだった。高崎地区ではまだ走っているのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿