2014年2月11日火曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】枯れ野のなかで、1010編成

週末の大雪は首都圏の鉄道各社で運休や減便が行われるなど、鉄道事業者のみなさんの運行維持への苦労はたいへんなものだったと思う。土休日であったのがせめてもの幸いだったというべきか。

秩父鉄道でも土曜日早くから減便が行われたほか、日曜日は午前中の運休、影森〜三峰口間では月曜夕方近くまで運休して除雪と安全確認が行われたようだ。どうもみなさんお疲れさまでした。

逆光+古いレンズなのでフレアっぽい

今度はローキー気味にしてみよう
望遠で手前の田んぼはもう少しボカすべきですね

ふだん見慣れた枯れ野や冬の田んぼが、雪に覆われて景色が一変していたことだろう。今日はそんな、ありふれた枯れ野のなかを走る1000系1010編成のようすをモノクロにしてお見せすることにしよう。あたりまえのように見られたこの光景ももうすぐ見納めだから。でも、その姿は私たちの脳裏からは消えることはないだろうと思う。夢は枯れ野を駆け巡る、というやつだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿