2014年1月11日土曜日

【西武鉄道1980年代】1986年の新101系と5000系レッドアロー

ヘロヘロの柵と自動車も昭和っぽい

さて、昨日は1986年春の西武池袋線江古田駅周辺を行き来する101系初期車の様子をご覧に入れた。今日は新101系と5000系レッドアローをお目にかけようと思う。つい最近まで池袋線で見られたのに、いまでは多摩湖線か多摩川線、あるいは譲渡先の私鉄に行かないと新101系が見られないということは、いまでもまだ容易には信じがたい気がする。


中山美穂じゃないの! まだ子どもの顔だよ

最近の姿と異なる部分は連結器の胴受けやスカートの有無、ローマ字表記のない白い方向幕に見られることはヲタ仲間のみなさんにはおわかりだろうが、やはり興味深いのは周囲や背景の変化ではないか。なにしろ中山美穂がまだティーンエイジャーのアイドルだった頃なのだ。
レッドアローはやっぱりこの顔と色がいいね

いっぽう、初代レッドアローだってもちろん健在だった。50ミリ標準レンズしか持っていなかったころは途中駅を通過するレッドアローをうまく撮れなくて、まともな写真がほとんど残っていない。巻末にアップした新宿線の写真はズームレンズつきの一眼レフを買ってもらってから撮ったものだ。デザインも外装も内装も、やっぱり初代レッドアローのにはいまのNRAはかなわないと思う。でも、レッドアローもまた西武湘南顔の亜流なのだといま気がついた次第。湘南型の影響力は西武にはほんとうに強烈だったのだろう。
(再掲載)こちらは新宿線のレッドアロー(1989年9月)

0 件のコメント:

コメントを投稿