2014年1月20日月曜日

【東武越生線2014】越生線8000系ワンマン車に乗る

東武鉄道が地味だなどとしばしば書く。それでも東上線や伊勢崎線・日光線は本線としての風格もある。野田線はいま10000系や60000系の導入、あるいはアーパー線、じゃなくてアーバンパーク線(笑)という愛称がつくなどと、いまちょっと旬だ。いっぽう、東上線坂戸から八高線越生を結ぶ越生線というのは、地元の利用客以外には注目してもらえそうにない、地道で地味な路線だと思う。1984年頃、7800系が走っていた頃は一瞬アツかったかもしれないが。

思えば私も越生線に乗ったのは、すみません、25年以上前でした。

だからというわけではない。けれど、坂戸と東松山で所用があったこの日、ふと思いついて越生線に乗ってみた。なにしろ25年以上前に乗ったきりだから、すっかり覚えていないことがとても新鮮だった。
時間が遅くて影が邪魔ですが

ホームすぐそばの小さな踏切


その「25年以上前に乗った」のは、実は7800系がいないかなと思って立ち寄ったのだと記憶する。鉄道誌をきちんとチェックしていなかった私は、その頃にはすでに7800系はもう予備車を残して運用離脱していたことを知らなかった。だから、その日も待てども8000系しかやってこないのを見てたいそうがっかりし、早々に八高線へ移動してしまったので、数カットも撮っていなかったと思う。
ハトくんも見ているよ



交換シーンを眺める

ところが、その8000系が更新されワンマン化されてLED化されてもいまだに走り続けているのだから、いまとなってはそれなりに希少価値が出て来たともいえなくない。でもやっぱり、沿線も地味だけど!
TJライナーまたは快速急行運用以外だと変なシートだ(笑)


【余談】50090系がTJライナーまたは快速急行ではなく、昼間の運用でシートをロングシートにしているところに初めて乗り合わせた。肘掛けがあって座席定員が少なくてなんだか変だね。遊園地のアトラクションみたい。たまたま、向かいの席にいた中学生くらいの女の子が常に眉間に皺を寄せて困り顔をしている子だったこともあって、いろいろなことがおかしくて笑ってしまった。あ、でもこれは石原さ※みがかわいいなあ、と思って撮ったという隠し味がいとをかし。

0 件のコメント:

コメントを投稿