2014年1月27日月曜日

【JR鶴見線1990年代】101系冷改車と103系更新車の競演

以前も書いたことがあるが、私の年齢だと国鉄101系や103系というのは生まれたときから走っていた電車なので、特に103系は国電区間のどこででも見られたような電車だから、珍しくも何ともない電車だった。

似たような顔でもどちらかというと101系のほうが好きなのは、私が物心ついたときには中央快速線の一部と青梅線直通電車、中央緩行線、南武線と鶴見線、そして武蔵野線くらいに追いやられて、それなりに「希少価値」が出始めたこと、そして前面窓の上下のプロポーションの違いが、大窓のほうが好きだったからということによる。とはいえどちらも、私より上の世代の旧型国電ファンに憎まれた電車ではあったろう。
101系冷房改造車

103系更新車
1990年の鶴見線では103系による101系の置き換えが始まっており、101系冷房改造車と103系更新車の競演を見ることができた。JR移行後の1990年代始めは103系の更新冷房車が現れ始めた頃で、古びてぱっとしない印象の103系初期形の電車の、特に内装が見違えるようにきれいにされ、冷房装置を積んでリニューアルされたようすを見て、103系もいいかも! と思ったものだった。

その頃、だんだん鉄道趣味からはなれていった頃だったとはいえ、青梅線の103系は撮りに行ったし、写真に撮らなくても武蔵野線や常磐線で爆音を出して快走する103系に乗りに行ったものだった。撮らなくてもやっぱり鉄道が好きだった。

さて、今回のエントリーの写真はコダックテクニカルパンを試してみたものだ。テクニカルパンと言っても、もうある程度以上の年齢の写真好きではないとご存じないフィルムだろう。もともと文書複写用の超微粒子・ハイコントラストなモノクロフィルムだが、超軟調現像をすることで粒子が見えないほどの微粒子で、たいへん階調再現の優れた画像を得ることができた。ただし、たいへん現像処理が難しく、また、モノクロ写真はある程度銀の粒子が見えたほうが効果的でもあるために、一般的なフィルムではない。天体撮影をする人には好まれていた。

そのフィルムを試すためにどういうわけか鶴見線に向かい、そこで試写したのがこれらの写真だ。今回初めてスキャンしてみて、その微粒子さには驚いたものの、ネガの現像ムラとフィルムの傷の多さにも驚いた。ネガの修正がしきれず、スクラッチやゴミが一部に残っているのはご容赦願いたい。

【共通データ】Nikon F-301・Ai Nikkor 180mm F2.8S ED・Kodak Technical Pan

0 件のコメント:

コメントを投稿