2014年1月10日金曜日

【西武鉄道1980年代】池袋線の101系初期車

私の自宅のメインマシン(林檎計算機)のOSアップデートをやめた。というのも、PowerPC系ソフトがまだ残っているから。最新OSではPowerPC系ソフトを動かすことができない。私にとって重要なもののひとつにフィルムスキャナのドライバがある。もはや数世代前のOSからサポート対象外であり、いささか挙動が怪しいことがあるものの、最近またなんとか動くようになった。そこで、ふと昔の西武線を撮ったネガのことを思い出してスキャンしてみたのが今日お目にかける画像だ。ネガシートに書かれたメモには、1986年4月とある。昭和61年のことだ。

当時私は西武池袋線江古田駅と新宿線沼袋駅の中間地点に住んでいた。どちらにも歩ける距離だった。必然的に父親からカメラを借りて写しに行く先は近所の江古田駅か沼袋駅となった。もっぱら気に入っていたのは池袋線だ。というのも、101系電車がお気に入りだったから。そのころ、池袋線に久しぶりの新形式である3000系電車が走り始めたと聞いて、とある放課後(春休みだったかもしれない)に江古田まで行ったのだと思う。
分散クーラーの冷房試作車の唯一の写真

江古田は数年前にホームが改修され、急行待避線がなくなっておもむきが変わった。駅前商店街の雰囲気は相変わらずだと思いながらこうしてスキャンしたネガを見てみると、だいぶ店が変わったことに気づく。思えば1986年だから、なんとまあ28年も前なのだ。その頃、昭和30年代や40年代の自分が知らない頃の写真を見て、風俗の古さを感じていたけれど、こうしていま振り返ってみると昭和50年代も相当昔のように思えるから不思議だ。
現在は高架線から降りる部分(再掲載)


このとき使ったカメラはコニカの一眼レフだ。それもいま思えばエキザクタマウントのような形状のマウントで、その頃はすでに自動露出に対応した新しいマウントになっていたようから、すでに新品の交換レンズは入手できないフルメカニカルのカメラだった。だから標準レンズだけで撮っている(掲載にあたりトリミングはしている)。けれど褪色してしまったカラーネガの粒状はともかく、レンズの解像感はその後のズームレンズに比べるとずっと優れていて(いまのエントリー機のキットズームよりよほど線が細くきちんと解像できている。エントリーモデルのズームレンズは解像感ではなくコントラストで絵を作るのです)レンズ技術の進歩とはなんだったのか、と思う。
環七陸橋からの撮影(たぶん)


「平和相銀」といいマネキンといい、昭和は遠くなりにけり


それにしても、101系のこの西武湘南型のデザインは沿線在住の私には見慣れすぎていて、「古くさい」と思ったことはなかった。でもこうして見ると、やはり昭和30年代から40年代(101系は昭和44年の登場だが、原型となる701系は昭和38年製造開始)のデザインなのだと思う。101系は譲渡先からも姿を消したとはいえ、上信電鉄や三岐鉄道で残っている似たスタイルの701系譲渡車は思えば製造後50年近く経ちながらも走っているわけで、よく残っていてくれるありがたい存在と思うべきなのだろう。平和相銀と関係のあった流鉄(当時は総武流山電鉄)に行った101系初期車は2011年5月にあっけなく姿を消してしまったのだし。

2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    楽しく拝見しました。
    101系の姿、懐かしいですね。沿線の風景も変わり、池袋線は高架複々線になり鉄道時代も変わりました。
    確かにご記載のように、101系のデザインの原型は701系、またその前に作られていた旧型車を再生した車両群に行き着きます。そう思えば、お写真の当時でも決して新しいものではなく、むしろ保守的に継続されてきたデザインなのですね。
    今の“スマイルトレイン”など、想像もしなかった時代の車両たち、今になって懐かしく感じます。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

    返信削除
    返信
    1. 風旅記さま、こんばんは!
      そして、コメントありがとうございます。ここ1週間ほど外出していたために、ご返信ができずもうしわけございませんでした。さて、「西武湘南形デザイン」はそもそもが、正面2枚窓のデザインを西武鉄道流に改良したもので、出自からして「改良型」のようなものだと私は思います。車両の性能としても当時の西武鉄道は戦前製の旧型国電払い下げ品を用いた、保守性が特徴でしたから。もしかしたら、日本の高度経済成長時代であると同時に、昭和44年の秩父線開業にまつわる101系列の導入は、西武にとっては「堤義明」時代として、質的向上へ変化がわかりやすく見て取ることができるころだったのかもしれませんね。

      いまの西武鉄道は独自資材の導入よりも、ずっと柔軟でたくましくなったとも思えます(外野から見ているだけですけれど)。鉄道とは、いったいどういうものであるべきなのか。ビクトリア王朝時代のアナクロな交通手段のままではなく、サービス業なのだというひとつの解答かもしれませんね。こちらこそ、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。たまに変なことを書いています。

      削除