2014年1月31日金曜日

【秩父鉄道撮影関連記事】秩父鉄道で昼食を


やれやれ、わかりやすいパロディのタイトルだ。実は最初に考えたのは『ひるめしのもんだい』(椎名 誠 1992年文藝春秋)だった。でもそれは、残念ながら1990年代すぎる。あ、でも2000年代なら「椎名」といえばすでに「林檎」だったけど、いまは「椎名」というと誰だろう。どうでもいいか。

「秩父鉄道で昼食を」といっても、少し斜視で、かごの鳥になりたくない、自分の意思のままにありたい思う魅力的な女性(*1)は出てこない。少し白内障の、飛べない豚はただの豚だなどと生意気なことばかりいう、理屈っぽい中年男(つまり私)が出てくるだけだ。たまにものを書く売れない男は出てくるが(やはり、私だ)。

そうしたくだらない舞台裏はどうでもよろしい。今回のエントリーで話題にしたいのは、秩父鉄道沿線で鉄道利用の人がいかにして食事をするか、という話だ。
秩父市内なら困ることはないのだけど(影森)
まず大前提として、観光を兼ねるかどうかを決めなければならない。家族連れや子連れ、異性と一緒にいるなら、黙って観光を兼ねるべきだと思う。たまにしか沿線に行かない人ならば、せっかくならば観光を兼ねて地域の特色のあるものを食べるべきだろう。秩父地方はもともとはうどんが食されていたそうだが、いまや観光客相手にはイメージのあうそばが主流のようだ。寄居には東松山ふうの辛味噌の焼き鳥(実は焼き豚)の店もある。行田市内なら、ふらいやゼリーフライもある。

問題は「お弁当を持って行くのはおっくうだけど、普通のものが食べたい場合」だ。よく訪れるとか、ケチな私のように単独行動で昼食にコストをかけたくない(1人分の食事に凝りたくないのです)場合は、昼前後に秩父市街や熊谷、行田、羽生まで出ることができるなら、それがいちばん確実だ。全国チェーンの店を含めて選択肢が多いから。

だが、昼前後にも沿線の上記乗り換え駅に出たくない場合は、ロードサイド(おもに国道140号線沿い)のコンビニエンスストアやスーパーマーケットを利用することが多い。スーパーの惣菜やコンビニ飯はカラダに悪いから嫌だというかたは、以下はもう読んでいただかないほうがいい。もっとも、私もふだんはコンビニ飯もスーパーの惣菜も買わないのだが。

また、熊谷、寄居、御花畑、三峰口(三峰口は観光シーズンのみ営業)の秩父鉄道関連会社(秩鉄商事)の駅そば店や秩父地場産センター、西武秩父仲見世は鉄道利用であればわかることから言及しない。さらに、昼食の調達で利用するので飲み屋は除外した。そういった前置きを読んでいただいたうえで、私がここ数年利用する場所をご紹介しよう。

・北武区間(熊谷〜羽生)
ご存知の通り基本的には都市近郊なので、武州荒木付近を除けば困らない(武州荒木駅付近の住宅街、荒木団地そばにお弁当屋さんはある)。埼玉のスーパーである「ベルク」は羽生西店(羽生駅前)と行田城西店(持田駅近く)をよく使う。また新郷にはローソンがあるほか、東行田〜武州荒木のバイバスのオーバーパス付近には、埼玉県民のソウルフードらしい山田うどんがありますな(行田バイパス店)。行ったことはないけどね。
持田には「ベルク」があるよ
ベルク行田城西店
スターバックスコーヒーに行きたいなら熊谷!
・寄居〜熊谷
都市近郊なのに熊谷駅付近を除くと食料調達が意外としにくいのがこの区間。上熊谷〜熊谷と寄居で調達するほかない。飲み物の自販機はたくさんあるのだが。武川は国道まで歩けばコンビニ(セーブオン川本店)がある。駅前の雑貨屋が営業していればいいのだけど。寄居も駅前のスーパーLIFEと華屋与兵衛の撤退後は、数分歩いたところにある県内各地にあるチェーン店である「だんごのみよし」(最近閉まっているかも)のほかは、町役場側に歩いてロードサイドのスーパー(ヤオコー寄居店、これも埼玉のスーパー)に行くことにしている。寄居はじっくり歩いてみたいのに果たせないでいる。

ちなみに東上線経由で来るなら小川町駅前で調達する方法もある。最近はヤオコー小川ショッピングセンターによく行く。自宅付近にもあってヤオコーカードを持っているから(笑)。あと、ヤオコーのベーカリーコーナー「ピノ」のパンが好きなんだ。
武川駅近くのセーブオン川本店
・上長瀞〜寄居
基本的には観光客向けの店ばかりだと考えたほうがいい。樋口は駅前にそば屋(楓庵)、野上はラーメン屋(ドライブイン福屋)が140号沿い樋口方面に数分歩いたところにある。さらに樋口側に歩くとセブンイレブン(長瀞中野上店)がある。スーパーヤオヨシ長瀞店は行ったことはないけど、いいかも(キャンプの際の現地調達に便利そうだ)。なお、長瀞の岩畳方面と上長瀞駅前はお店がたくさんあるから説明は省略。私は亜佐美冷蔵にも有隣倶楽部にも行ったことがないような無粋な人だから、そういうお店を語る資格がない。1000系電車がいなくなってデートで行くことがあったら行ってみるか。そんな機会はあるのか?

 ・上長瀞〜大野原
秩父市内に入ればお店は増える。この区間で駅至近といえば、親鼻のガスト長瀞店、和銅黒谷のセブンイレブンだろうか。おおっと、親鼻にヤオコー皆野店もあるのね(行ったことはなかった)。皆野は地元のお店も多い。大野原も140号沿いに行けばドライブインもロードサイド形店舗もある(ヤオコーも武州原谷付近まで行けばある)「駅利用」ならいっそのこと、秩父まで行くほうが手っ取り早い。
復刻調の時刻表が素敵な和銅黒谷にはセブンがある!
・秩父、御花畑(西武秩父も含む)
私はグルメではないので、いわゆる有名な店のことは記さない。有名な地元のお店は各自検索のこと。全国チェーンのお店として、秩父ならセブンイレブンとジョナサン、御花畑・西武秩父ならすき家、ミスタードーナツ、夢庵、グラッチェガーデンズなどもあると記述するに留める。なお、食事とは関係ないが、旧秩父セメント第一工場跡の道の駅近くに「カメラのキタムラ」もあるのでメモリーカードも市内で買うことができる。【追記】鉄の同業者の方なら、西武仲見世の焼き鳥屋さんにはぜひ寄ろう。西武&秩父ファンの物知りで優しいお兄さんに会うといい。

・影森〜三峰口
運転本数も減るために計画的に行動したほうがいい区間。ここで空腹になっても意地を張って三峰口や御花畑まで出たくないなら、影森のセーブオン上影森店、武州中川のヤオヨシ荒川店がお勧めだ。どちらも秩父「B級グルメ」であるみそポテトだって買えるんだぜ。影森駅近くのおばちゃんがやっているお店はみそポテトや焼きそばを売っているけど、寄ったときに限っておばちゃんが「外出中」で買えたことがないな。

カメラの向きを下げると「セーブオン」があるよ(影森)
セーブオン上影森店
武州中川にはスーパー「ヤオヨシ」があるよ!
お惣菜をたまに買いに行くヤオヨシ荒川店
あとはもう、純然たる観光客向けのお店だろうな。武州中川駅そばのJAちちぶの「そば処あらかわ亭」、武州日野から白久方向に15分ほど歩いたところにある、道の駅あらかわの「鈴ひろ庵」、三峰口駅前の福島屋だろうか。

*1「少し斜視で、かごの鳥になりたくない、自分の意思のままにありたい思う魅力的な女性」:オードリー・ヘップバーンに似ていないトルーマン・カポーティが描いた主人公。でも、オードリー・ヘップバーンはカワイイ。カワイイは正義。それにしても何度も映画も小説も読んだのに中身を覚えられず、改めて原作を読もうと買ったら村上春樹訳! 春樹は嫌いじゃないけど、やれやれ(苦笑)。

*2「有名な地元のお店」:秩父ならたくさんの有名なお店や素敵ないまふうのお店があることは言わずもがな。140号沿い「野さか」、秩父神社そばの「武蔵屋」のほか、西武秩父仲見世もあるし、秩父地場産センターもある。ちなみに、私は個人的には西武秩父駅から御花畑駅に行く途中のタイ料理店「バンコク」が好き。とある小さなカフェが好きなのだけど、そこはナイショだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿