2014年1月28日火曜日

【いすみ鉄道国鉄色気動車撮影記】キハ52+28急行に乗る&撮る(その1)

まずは大多喜を出たキハ52を狙う
がらがらがらがらがらがら……

シャッターを開けながら売店の女性たちは、にこやかに言う。 おはようございまあす、急行指定券は9時から発売いたしまあす。列を作ってお待ちくださあい。

私を含めて、あきらかに観光客ではない男だけの集団がおずおずと列を作る。場所はいすみ鉄道大原駅。午前8時半過ぎ。特急わかしお一号から大原で降りた客がみなここにいてすごいな! と少し驚いた。そのうち、後続の外房線各駅停車から降りた客と、いすみ鉄道のレールバスから降りた客も集まり始め、小さな駅はそれなりの人数で埋まり出した。朝一番の急行列車のせいか客は全員男性で、子どもや親子連れ、女性連れがいないところにも笑った。
冬枯れにも国鉄色は似合う 総元
いすみ鉄道に行った。思えばキハ52と28による急行運転開始後初めてだ。お世話になっているみっぴょんさんのブログから、いすみ鉄道社長ブログ内でのキハ52塗装変更の発表を知り、いくらなんでもこれではいかんと重すぎる腰を上げて、なかなか足を運べなかったいすみにようやく行ったという次第。

長年の写真仲間であるつかちゃんとその仲間のみなさんと、たまたま新年会を予定していた幸運な偶然が重なった。つかちゃんのお住まいは九十九里の一帯だ。埼玉県茶畑だらけ市の自宅からそこまで行くなら、少し足を伸ばせばいすみ鉄道にも行けなくない。さらに、つかちゃんを介して知り合ったKさんが、いすみ沿線まで車を出して迎えに来てくださるという。そこで、ご好意に甘えることにして訪問を決めた。

とはいえ、まずはDMH17エンジンのキハに乗り、その音を聞きたい。私は音鉄ではないとはいえ、停車中のあのアイドリング音は好きなのだ。子どもの頃に遠出して乗ったディーゼルカーのわくわくするような思い出がよみがえるからなのか。
キハ28指定席で、切符とカメラの記念写真
それに「沿線に写真を撮りに来てくれるだけでもいい」と社長自らが言っている鉄道とはいえ、ちゃんと乗りたい。
急行1号で行われた朝食無料サービス。たしかに飛行機っぽい
1往復しない列車ではないのだから、私は撮ることも乗ることもどちらも楽しみたい。「乗ると撮影効率が悪いから乗ったことがない」などという人もいるけど、私は趣味に効率ばかりを求める人には親近感が持てない。 そこで私は急行一号に乗り、Kさんに無理をお願いして駐車場のある大多喜(*)まで来てもらい、拾ってもらうことにした。
大多喜にて
さて、各種切符やお土産を開いたばかりの売店で買っているうちに、キハ2連が入線してきた。キハ52もいい雰囲気だし、まだピカピカのキハ28もまばゆい。乗客はみな鉄分100パーセントのみなさんで、子どももいないのでほとんど無言(!)。ときどきシャッター音が聞こえるくらい。そこへキハのエンジンのアイドリング音がずっと響く。
大多喜入庫の夕方の運用 新田野
ガラガラガラガラガラガラガラガラ……

*「駐車場のある大多喜」:町営駐車場があり、大原~大多喜は列車の運転本数も増えるから、撮影の合間に大多喜で停めて列車に乗るといいよ。国吉には駅駐車場もあるぜよ。

【追記】Flickrに動画もアップしました!

0 件のコメント:

コメントを投稿