2014年1月24日金曜日

【秩父鉄道7800系撮影記事】ナナハチ、冬空に輝く

広瀬川原では7803編成を目撃
さて、秩父鉄道1000系1003編成オレンジバーミリオンIIで広瀬川原を通過したときに、7803編成を目撃した。試運転を始められそうな雰囲気で、着々と秩父ナナハチくんが増え続けているのを感じながら熊谷に到着。すると、7801編成は「大滝氷まつり」ヘッドマークがついて昼寝中。7802編成は羽生方へ出庫準備をしていた。これはすぐにナナハチが撮れるな、と思い田んぼのなかの駅で下車して、ほどなくして現れたのが熊谷で出庫準備をしていた7802編成だ。

2連だとレリーズ位置を3連と変えなくちゃね、ここ
ううむ。かわいいというかカッコいいというか。私はこの電車はけっこう好きなのだ。でも、いままで秩父では3両編成で構図を考えていたので、2両編成だとレリーズ位置や構図が本当なら変えるべきなのだろうなあ、とファインダーを見ながら唸った。ご存じの方にはおわかりだろうけど、この場所は気をつけないと背景の建物が目立ってしまうから。
反射がまぶしいぞ、ナナハチくん!

もちろん、下りも撮った。望遠で正面がちにして。案の定、西日が反射してまぶしいほどだ。今度は前パン側で撮れる場所を考えないといけないな。7804編成も恩田の工場建屋から出ているところが目撃されて、そう遠くないうちに秩父へやって来るだろうから。春から4編成にもなれば、ナナハチ遭遇率も高くなる。「ナナハチ対策」は今後の東急系秩父ファンには必須だろう。なにせ、日中は主要撮影地で前パン側は順光にならないからね。いやいや、「逆光は勝利」(『究極超人あ〜る』より)と思える方ならもちろん構いませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿