2014年3月21日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩鉄オリジナルカラー時代の1003編成(1003F)

秩鉄オリジナルカラーの1003F 影森
2010年11月
3月20日木曜日の午前中で通常運用を終えた秩父鉄道1000系1003編成(1003F)オレンジバーミリオンII。いまごろはおそらく連休中の「さよなら1003F貸切り&撮影会ツアー」に向けて、熊谷駅の留置線に停泊しているのだろうか。2011年夏にまさかのオレンジバーミリオン塗装化がなされるまでは、秩鉄オリジナルカラーで走っていて、その頃は他にも国電リバイバルカラーもいたから、「1003編成を特に狙う」という人は少なかったのではないか。この色のファンはもちろん、撮影対象にしていただろうけど。


秩鉄オリジナルカラーの1003F 影森
上の写真を撮ってから振り返るとこう(2010年11月)
「来れば必ず撮る」という狙い方をしていた私でも、実は1003編成の写真はそう多くはない。土日に訪れることが多く、そうなると全部で数運用しかないので、同じ編成が行き来する。そうしたパターンにたまたま1003編成が充てられたときに撮っただけだからだ。

秩鉄オリジナルカラーの1003F 武州荒木
奥に見える木ももうない。風が冷たくて寒かった(2011年1月)
秩鉄オリジナルカラーの1003F 熊谷
上の写真の電車が熊谷にて入庫(2011年1月)
秩鉄オリジナルカラーの1003F 白久
山のほうは午後は曇ってしまうよね(2011年1月)
秩鉄オリジナルカラーの1003F 和銅黒谷
なぜだか、去り行く姿が好き(2011年1月)
そうか、この週末は秩父〜熊谷の貸切臨電のみの運用なので、もう北武区間や影森以遠に1000系が来ることはないのだと頭ではわかっていても、なんだか信じられないような気持ちもある。しかも、秩鉄オリジナルカラーの電車はもうないのだ。国電101系として製造されて以来、ここまで半世紀以上よく走り続けてくれたものだ。

そして、最後の週末は何ごともなく貸切臨電として走てほしい。沿線に行かれる方もゆとりを持って、おだやかに追ってほしい。撮影地でいざこざしたり線路に近づきすぎたり、私有地に無許可で立ち入ったり駐車違反やスピード違反をすることのないように。「我々鉄の人たち」が秩父鉄道や沿線のみなさんに嫌われないように、くれぐれもお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿