2014年3月11日火曜日

【ソビエトカメラチラシの裏記事】Kiev中判カメラを記事にできない理由 その2

寝床でワシも考えた
 前回のエントリーでくどくどくどくどと「Kiev中判カメラを記事化できないのは、私は好きすぎるから」「好きな理由は説明できない」「だからなおさら簡単には勧められない」そして、「とはいえ私の好きな道具なので、モノを知らない奴に貶されるのは不愉快だ」「ソ連やロシア文化圏を見下す人には向かない(*1)」(←言ってないか)と、自己意識肥大すぎる文章をしたためた。そのあと、一風呂浴びて床に就いてから「お勧めできない最大の理由」を思い出した。文章を書き終わってようやく思い出したところが、いかに私がKiev中判カメラに対して冷静ではないことがご理解いただけると思う。こうなっちゃいけないだろ、やっぱり。

後のモデルのカッコ悪い銘板が嫌だね


 日本市場だけではなく、世界中で「ソビエト製品」は「粗悪品」扱いされていることもあり、中古品でもあるために(そして、前項で述べたようにカメラの形をした「古物(こぶつ)」だから)購入時は二束三文で手に入る。少なくとも数年前まではそうだった。でも、それは購入時のコストだけ。そのかわりこのカメラはランニングコストが割高なのさ。


純正のラバーフードがカッコ悪くてコンタックスメタルフード着用

 まず、フィルム購入代金や現像代についてはいまさら述べない。でも、まずきちんと使うためには、中古の個体は相当信頼できるところから買うのではないかぎり、そのまま使えるということはない(*2)。とにかく、使う前に調整や修理が必要だ。そしてそれを日本国内で依頼すると、安価だった購入価格と関係なく一人前の費用がかかる。旧ソビエト諸国や東欧圏に送るのでも、修理代自体は安くてもEMSやFedEx(*3)でやり取りすると、ものすごい送料がかかる。購入価格が安いから買うという人や、「安く買ったものでも修理費用が安いわけではない」ことに納得できない人はソビエト製カメラには向かない。というより、中古カメラを買う資格(*4)がない
 
 でも、購入費用よりも高い修理調整費用を嬉々として払うのは私たちKiev中判ヲタだけで十分だと思うぜ。クレイジーだもの。前回のエントリーを読んでいただけましたか。そもそも「部品取り用カメラ」を所有するなんておかしいもの。

左シャッターは悪くないけどソフトシャッターはあるといい

カメラは一台あればいいんじゃね
 これから「カメラはケースバイケースに応じて使い分けよう」「2本目に買いたい交換レンズはこれだ!」みたいな企画を考える仕事をしていた私が、あえて言ってはいけないセリフを書くよ。

カメラなんて一台あればいいじゃない!
カメラがなければブリオッシュiPhoneで撮ればいいじゃない!

 もしあなたが可処分所得のたくさんある、お金がたくさんあって困るとか、カメラをたくさん持つことが好きでたまらない方であれば、どうぞどうぞ、常に最新機種をフラッグシップからエントリー機に応じて各社デジタル&フィルムカメラを買い替えてください。もうほんとうにオナシャス! 写真業界と日本経済を救うのはあなただ。あらかじめ謝意を表します!(*5)

 でも、写真趣味を少し持て余し気味ながらつつましく暮らしている私が、結婚したり子持ちになったりして趣味に独身時代ほど時間と費用をかけられなくなり、そしてそのことが苦でもなくなったいまとなっては、カメラなんて一台あれば十分だわと実感として思う。というのは、稼働可能状態にしておくにはメンテナンス費用がかかるのだ。そして使わないカメラを飾っておく趣味やコレクション趣味は私にはない。コレクターになる緻密さがないもの。

メーターなしファインダーは視度補正レンズを入れないと見づらい

 写真撮影を仕事にするなら予備機は必要だ。でもここで述べるのはあくまでも趣味の写真術においてだ。とはいえ私は昔から「サブカメラ」を有効に使いこなせない不器用な奴であることもある。そこを差し引いても「本気の撮影ではないから機能や画質が劣る機材でもかまわない」という割り切りが私にはどうしてもできない。私は常時本気だ(撮影の話ですよ)。「適当に撮ればいい」というのはだいいち被写体に失礼でしょうが。だから、赤ん坊だった我が子を撮るには仕事でも使っていたデジタル一眼レフがいちばん確実に写せたし、散歩に行くのでも身の回りを撮るのでも、適当に撮ることができず、公私ともにD2Xしか使わなかった。実は相当真面目なんですよ、こう見えても私(笑)。

 どんなときでもきちんと写したい、という私はオカシイのかもしれないけどね(だから「トイカメラ」などを使う気に絶対になれない。Kiev中判カメラは普通に高画質ですよ)。でも、趣味用途には必要であれば真面目に撮ることもできる、自分の意思に応じてくれるカメラが一台あれば、私はいいや。

 それなのに「部品取り用カメラ」を所有しているのだ。そこまで好きなのか、と言われたら照れ笑いを浮かべながら頷く。好きでもあるし、正直言えば意地とか意固地(*6)みたいなものもあると思う。でも、自分の信条に反しているこの矛盾を思い浮かべるたびに胸が苦しくなる。この件に関してだけは断頭台の露と消えても文句は言えない。貝になりたかったよ、まったく。

レンズの内面反射を少しでも減らすために、マットブラックを塗ったり

それでも好きなら好きにすれば
 そう思うと、日本でブローニーサイズのフィルムカメラを使い続けるならば(そもそもそのこと自体が私には大変なチャレンジャーに思えてならないが)、マミヤかペンタックスを持つほうが後悔しないだろう。国産でありメンテナンスも国内で可能だ。ボディもアクセサリーも流通量が多い。中古で購入し、稼働状態にしておくにはもちろんメンテナンス費用もかかるだろうが。
 それなのにKiev中判カメラを私が好むのは……彼らが好きだから。サーセン。ソビエト体制は好きではないけど、ロシアをはじめとするスラヴ人たちが好きなのさ。いちおう元スラヴィストだからね。
 でもね、とにかく写真を見てくださいな。修理・調整した後もこれだけ手を最低でもかけないといけないんだぜ。こういうことができない・わからない・めんどうくさい方はソビエト製カメラに限らず、古いカメラなどに手を出さないほうが幸せだ。

 どうしてもなら……レンズだけ買ってマウントアダプター遊びにとどめておくほうが精神衛生上いいぜ。おいらはあれはやらないけどな。


ミラーボックス下部とミラー裏には植毛紙を貼ること

(*1)「ソ連やロシア文化圏を見下す人には向かない」:それはWASPへの劣等感の裏返しですよ。

(*2)「まずきちんと使うためには、中古の個体は相当信頼できるところから買うのではないかぎり、そのまま使えるということはない」:なにしろ古物(こぶつ)だからね。ただし2004年頃までKiev-60MLUボディは生産されていたので、2000年から2004年頃まで、わりとちゃんとしたK-60MLUの新品を買うことはできた。これはほぼ……かなりの確率で買ってそのまま使うことができたようだ。でも、それから10年経ったからね。

(*3)「EMSやFedEx」:いまはロシア郵便(ポーチタ・ラシー)やウクライナ郵便(ウクルポーシュタ)は正常化したようだけど、2000年頃までのロシアでのエリツィン時代には普通郵便が届かないことがあった(それ以外の共和国でどうだかは知らないが)。EMSやFedExは保険をかけることができて追跡できるから利用した。高かったなあ。

(*4)「『安く買ったものでも修理費用が安いわけではない』ことに納得できない人はソビエト製カメラには向かない。というより、中古カメラを買う資格がない」:偉そうなことを言ってお気を悪くする人がたくさんいると思うのです。お気に触ったらほんとうにごめんなさい。でも、これはほんとう。だからあえて、スズキカメラ商会(東京・高田馬場)の先代のご主人の台詞を引用します。「およしなさいおよしなさい。お若い方は新しいものをお使いなさい。飛行機だってそうでしょう。プロペラ機より新しいジェット機のほうが快適で乗り心地もいいでしょう。古いほうがいいなんてことはないんです」

(*5)「あらかじめ謝意を表します!」:何かをお願いするときにロシア語でよく言うけど、日本では言ったことない。そもそも変だもの。

(*6)「意地とか意固地」:得をしない感情ですね。ものに思い入れとかこだわりなんて持たないほうがきっと幸せなのさ。なんだかムーミンのミーみたいなことを言っているね。「ものなんて、心配と荷物をふやすだけ。第一に、気が重くなるでしょ。それに、旅行かばん。持ち歩くのは、まっぴら!」

0 件のコメント:

コメントを投稿