2014年3月5日水曜日

【西武2000系初期車撮影記事】2000系初期車前パン@多摩湖北線

あれ、2413編成!
あの大雪のおかげで、先月上旬のことが相当大昔のように思えてならない。それほど強烈な印象を与えた積雪だったということなのだろう。今回のエントリーも先月の上旬に、新101系を見るために多摩湖北線を訪れたときのものなのに。

私は親戚が住んでいることもあって、小学生の頃から何度か引っ越しながらもずっと西武鉄道沿線に住んでいる。新宿線が最寄りのこともあれば池袋線沿線だったこともある。そして、多摩湖線は沿線在住ではなくてもそれなりに見ているつもりではいた。多摩湖線の南北直通が行われる前は、小平から多摩湖北線行き(西武遊園地行き)の電車は4連なので、1990年代は701系だったしその後は新2000系という印象が強い。もちろん、西武新宿直通の電車は8連で来るので、20000系や30000系のこともある。

ただ、いままでよくよく考えたら2000系初期車が走るところを見た記憶がない。拝島線を走る2000系初期車は登場時から見ているので違和感がないのに。たぶん、単に覚えていないだけなのだろうが。


ともかく、2000系初期車だけの8連で、しかも西武新宿方に2連の2413編成が連結された編成を多摩湖北線で見たのは初めてだ。ちょっと驚いたし、上り電車を撮ろうとダッシュしましたよ!
多摩湖北線で2000系初期車オンリー8連前パンは初めて見た
それにしても、2000系初期車2連がシングルアームパンタグラフとLED方向幕、黒Hゴムに交換され、前面スカートを備える前に撮っておかなかったことは後悔するなあ!

0 件のコメント:

コメントを投稿