2014年3月15日土曜日

【秩父鉄道デキ撮影記事】赤+青+茶! デキ103+301+505回送に遭遇!

なんじゃこりゃああ!
3月23日(日)の秩父鉄道1000系1003編成オレンジバーミリオンIIの運用離脱を前に、「ファイナルラン」ヘッドマーク(『フィナルルン』ではないですよ)を掲示しての運行がなされている。週末以外にも20日(木)までの運行予定も公式Webサイトに公表されるなど、1003編成はいまや運用離脱へ秒読み段階に入ったといえるだろう。

長く秩父に通っている方ならご存じの通り、ここ数年の秩父鉄道はたいへん「サプライズ上手」だ。たとえば何か特別列車が走る日には、わりと「ネタガマ」とでもいうべきデキたち(最古参の102号機や赤デキ103号機、つららきりのある107&108号機、あるいは茶デキ505号機など)が鉱石貨物列車を「さりげなく」牽引して現れたりする。

だが、長く秩父党をやっていてこれは初めて見た! と思わせる列車に遭遇した。それがこのデキ103+301+505の赤+青+茶回送!


明らかに「ネタ回送」でしょ、これは!
この日は鉱石貨物列車はウヤだったのか見ることはなかった。だから、そういう日にはデキの単機回送は多いにあり得るし、武川と広瀬川原を走るデキの回送も見たことはある。だが、この赤+青+茶の組み合わせは初めて見た。思わずなんじゃこりゃあ! と声をあげ、その場に居合わせたみなさんと大爆笑だ。

実にしてやられたぜ。こういうことがあるから秩父通いは楽しくてやめられない。もちろん、そうそうこういうことがあるとは思えないので、これをみなさんにあてにされると困るのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿