2014年3月10日月曜日

【ソビエトカメラチラシの裏記事】Kiev中判カメラを記事にできない理由

グレートゲームはまだ終わっていない
 ウクライナの政治情勢がきな臭い。首都キエフではEU加盟を巡り政変まで起きた。いっぽう、フルシチョフ時代にロシアからウクライナへ割譲されてロシア系住民が多いクリミアには、ロシア軍らしい武装勢力が侵攻し自治政府や空港を制圧したとか。

これはうちの近所の飛行機ですよ

 もちろん、ロシア側の強引さは大変残念でならないが、この政情不安はそもそもアメリカとロシアの代理紛争だということは、日本のマスメディアではほとんど報じられていないのではないか。グルジア紛争につながったサアカシュヴィリの擁立もウクライナの「オレンジ革命」も、そもそもがロシアの勢力縮小を狙ってアメリカ側がさまざまな勢力をあげて画策した結果(*1)起こされたものだ。ソ連崩壊以降のエリツィン時代と違い、いまのロシアはこのゲームに武力で応じるようになったということ。クリミア進攻に関しては、おそらくロシア側も以前から周到に武装侵攻する準備を立てていたことだろう。もちろん推測でしかないが、保安機関を使って親ロシアの世論形成まで行っていたのではないかとも思う。

 私は国際情勢を論じる専門家ではないのでこれ以上の論評は差し控えるが、グルジアもウクライナもロシア離れをしても、今後ともアメリカ&EUとロシアのあいだでうまくバランスをとっていかねばならないことは変わらない。グレート・ゲーム(*2)は冷戦終結後も終わっていないということだ。

たまにスクエアサイズで撮りたくなる

だってKiev中判カメラが好きだから
 さて、いつもの趣味の「チラシの裏」に話は戻る。以前のブログは当初、「私の好きなカメラとともに送る趣味生活のあれこれ」を綴っていたのは、昔からのご友人のみなさんにはご存じの通り。その頃のエントリーでもっぱら人気があったのはKiev中判カメラ(ペンタコンシックスマウントのKiev-6SおよびKiev-60と、Kiev-88マウントのハッセルブラッド型カメラSaliut-S)に関する使いこなし記事だった。

 昨年秋にこのbloggerへ引っ越しを開始したものの、鉄道記事ばかり増えていてKiev中判カメラに関する記事がいっこうに増えていかないのは理由がある。実は何度も何度も記事を書きかけてはアップを止めた。それは、どう考えても2014年のいまとなってはこのカメラをお勧めできないから。そして、正直に言えば他人には勧められないけれど自分にとってはとても愛着のあるこのカメラを、悪く言われるのも嫌だからだ。

 わかりやすい言葉で言えば、私はKiev中判カメラが好きすぎるからだ。そして、よくこのカメラを知らない人に「ソビエト製だからいいかげん」「おそロシア」などと言われるのも、私はとても腹が立つ。自分が好きなものをけなされてうれしい人はいないだろう。あなたに私の好みを押しつけることはしない。だから放っておいてくれということだ。

Kiev-60(Kiev-6Sと共通)の巻き上げレバー固定部分

蓼食う虫も好きずき=好みは説明できない
 そもそも、好き嫌いというものは合理的に説明できるものではないと私は思う。なぜなら、その対象が好き/嫌いな理由はどれも極私的で主観的なものであり、話者にしか意味を持ち得ない。それこそ「嘘つきが嫌い」「暴力を振るう人が嫌い」「偉そうで抑圧的で強引な人が嫌い」などという、他人を傷つける人間への嫌悪であれば「社会的コンセンサス」(笑)を得ることはできるだろう。だが、カメラなんて所詮はちっぽけな、精神的にはさておき、もし失っても社会的には生きていける趣味の道具だ。

 想像してみてほしい。私やあなたの大好きでたまらないカメラがもしいま動かなくなっても、私やあなた以外の人の前では世界はその装いを変えることない。太陽は明日朝も東から上り、世の中は動き人は働き恋愛をし子どもは生まれ不幸な人は病み亡くなっていき、儲ける人も損失を出す人もいて、西の方角に日が沈んで一日が終わる。以上。私やあなたの趣味のカメラとまったく関係なく地球は回るのだ。だから、どれだけ他人にその理由を説明したところで、せいぜい印象的なエピソードがあれば笑ってもらえる程度でしかない。などとどれだけ書いてもチラシの裏が真っ黒になるだけで鬱陶しいね、実に。

とはいえやはり人には勧めにくい
 いま現在、私の手元には稼動できるコンディションのKiev中判カメラは、Kiev-6Sが2台とSaliut-Sが1台ある。いずれも1973から78年に製造された古い個体を中古で手に入れ、調整はいずれもキエフのアルメニア人ディーラーであるARAX PHOTOで行ってもらった。さらに部品取り用のKiev-6SとKiev-60が1台ずつある。キエフまで送ると円安のいまでは送料も時間もかかるうえ、外観部品の損傷時などの部品交換や自分でできる範囲の調整は自分で行うか、修理できる人に利用してもらうためだ(私自身は修理はできない)。

 世界一のカメラ王国である戦後の日本の住民である私たちには想像がなかなかしにくいが、カメラとは古くなると無調整では壊しやすいものだ。このことに大変無頓着な人は多い。カメラが「壊れる」のではなく、古くなると「壊してしまう」ことがあるということ。そして、高度経済成長からオイルショックの時代の日本製カメラは経済的に豊かな時代の製品であり、電子部品でなければ調整で動かせるようになるものが多い。でも、これは日本の高度経済成長時代のカメラだけの常識だ。私たちはとても恵まれていただけ。

 いっぽう、ソビエト製カメラは異なる文化の異なる社会で作られた。耐久消費財の生産にも国家計画に基づいて作られ、国家規格に従い耐久年数が設けられ、調子を行いながら使われることを意図したカメラだ。ソ連国家が存在しているうちは全国各地に設けられた修理サービス網で修理や調整が行われたので問題はなかった。それがソ連崩壊によりメーカーも修理サービス網も崩壊したあとは、調整も修理も行われずに放置された。ソ連の崩壊とともにカメラのかたちをした「古物」と化したわけだ。

 つまり、修理や調整をしないではカメラとしては使えないものであり、そしてそれにはそれなりの費用がかかるということ。しかも親切な撮影アシスト機能もないので、修理や調整をしてもカメラに相当慣れたユーザーにしか使いこなせないだろう。

長年の使用ですり減ってしまった

かくいう私のKievも
 実は、2台のKiev-6Sのうちの1台の調子はここ数年来ご機嫌斜めだ。シャッターチャージを兼ねた巻き上げの途中で暴発してしまうことがあり、スローシャッターガバナーに汚れも詰まったのか、1/2、1/4、1/8の動きが怪しい。それでも困らないのは、フィルムで撮る機会がないからであることは悲しいが、「ああ、ちっくしょう! こいつを使いてえ!」とたまに発作を起こしては、まてよ、いまポジフィルムはいくらする? 現像代も割引はないぞ。そもそもフラッドベットスキャナもいま自宅にないではないか、と自分を落ち着かせている(実はブローニーで撮影していないのはそういう理由でもある)。

 巻き上げ時の暴発は、巻き上げレバー内のパーツやミラーを固定するヒンジの摩耗であると思うのだ。実に華奢な部品が削れているのが見える。ソ連国家規格(GOST)の何年頃のものだったか忘れたが、カメラの説明書に「耐用年数10年」と昔は書いてあったのを覚えている。私のKiev中判カメラは製造から35年も経つのだ。そりゃもうダメだよな。いまはキエフに送っていじってもらう余裕もないので、巻き上げレバー内のパーツだけは部品取り用Kiev-60から交換してみたけど、撮影に持ち出すとどうなることやら。こういうネガティヴなことを書いて「ほれみたことか」と思われるのも嫌だ。

 とはいえ、いまKiev中判カメラをさわっていろいろ考えるのは楽しいので、気が向いたら旧ブログからKiev関連記事をこちらに転記していこうと思う。しつこい注意書き入りでね。私ことKiev中判カメラヲタがこいつを勧めない理由(*3)はたくさんあるから覚悟してくれよな! と。

こういうところが華奢なのは不思議な気がする

*1「グルジア紛争につながったサアカシュヴィリの擁立もウクライナの『オレンジ革命』も、そもそもがロシアの勢力縮小を狙ってアメリカ側がさまざまな勢力をあげて画策した結果」:ソ連時代からの旧勢力を追い落とすために、在野の勢力を資金援助し、アメリカ大使館が根回ししておく。マスメディアにもシンパを作っておく。わかりやすいシンボルネームを冠した野党組織を立ち上げさせる。そうして選挙に持ち込み、もし選挙で負けそうであったら政府側が不正を行ったとアメリカやEUの選挙監視団に発表させて、一般市民を動員してデモ行進を起こす。その結果、混乱を避けるために政府が退陣して「民主的な(親米・親EUの)新政府」ができる。それをアメリカとEUが承認する。たとえば、ジョージ・ソロスのOpen Society Instituteによる資金援助がグルジアやウクライナで行われていたといわれている。いずれも革命を装った政権転覆だと捉えるべきだろう。もっとも、倒された政権側も腐敗がやまない倒されるべき理由はあった。民主主義は世界的に普遍的なものではあっても、それを理由にあんなことやこんなことを……コワイですねオソロシイですね、お米の国って(以下自粛)。おっと、こんなことをGoogleで書いている私も私だ。興味のある方は田中宇さんのWebサイト「田中宇の国際ニュース解説」の記事などを参照されたい。

*2「グレート・ゲーム」:そもそもは19世紀末のイギリスとロシアの中央アジアでの覇権争いをゲームに例えたもの。冷戦時代はある程度の均衡関係にあったものがソ連崩壊でアメリカ単独覇権になったかにおもわれたものの、ロシアはそこに力で対向し始めたがプーチン時代のいまのありさまだ。住民の意思に関係のない資源を巡る争いにいつまで翻弄されなければならないのか。

*3「Kiev中判カメラヲタがこいつを勧めない理由」:国産中判カメラや外国製高級中判カメラと同等に修理調整費用をかけても使いたいと思い、かつ気が長い人ならばいいんじゃないですか。あ、ペンタコンシックスとCZJレンズも状況は同じ。特にP6で有名なコマダブりは内部の巻き上げ量を規定するパーツが劣化して起こすらしいので、巻き上げ方を工夫すればなんとかなる、などというものではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿