2013年12月29日日曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】笑えばいいと思うよ、と1010編成は言った


交換待ちで遠くを見ると白い電車が!

東急8614編成を撮ったり見たりしたのち、羽生で再びそのお仲間である秩父7001編成に乗り込んだ。どんよりと曇った外の景色を見ながらふと交換待ちのようすを見ていると、対向してくる列車が田んぼの中をやって来……白い車体におでこにシールドビーム2灯! 総員戦闘配置につけええええ! とばかりにホームに出て望遠ズームを構えた。「もしかして来るかもしれないな」とちらりと思った1000系1010編成がやって来たのだ。


いきなり引き当ててしまった
今日は運がいいのかな

正直言えば、もっと先のほうの駅で見たかったのは確か。それでも、大げさにいえばもはや「出会えるだけで奇跡」などというJ-POPの歌詞みたいな(苦笑)存在なのだし、こいつらを撮りたくて来たのだ。私と来たら10分前まで「どんな顔をしていいかわからないの」などと言っていたのに。もちろん、センガタンなら言うだろう。「笑えばいいと思うよ」って。(なんだそりゃ)

さて、ここでついでに下車して「ブタちゃんのところ」(養豚場前)で撮ろうかとも思った。冬は香ばしい香りも少ないから。でも、先日のリベンジを果たすことにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿