2013年12月31日火曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】下り1010編成を撮る

風に乗って流れて来る警笛とモーター音に耳をすます

羽生から乗った7001編成が1010編成と交換したのを見て、田んぼの中の駅で降りて待った。ほどなくして、1010編成が下り電車として折り返してきた。天気は悪いが文句は言えない。望遠ズームレンズで追い写しをする。電車が駅にさしかかると農業倉庫(の跡)と駅前の団地の姿が目に入って、1989年の頃と同じような光景だな、とちらと考えてすぐに思い直した。いや、1989年の頃と似たようなことをしているのだもの。変わっていないのはむしろ自分だ。


ダブルパンタでサイドビューもかっこいい

昔のほうがチャレンジングな撮り方をしていた気もする。とはいえ、いまのほうが流し撮りは上手になった。少なくと確実に撮れる自信はついた。ささやかな自信だな。

さて、こうして2013年も終わろうとしている。趣味生活においてはそれなりに満足のいくカットも(そう多くはないけど)収めることができた。みなさんの趣味生活はいかがだったろうか。私自身はせめて、今年度で引退する1000系電車の姿を春までに少しでも残せればと思う。みなさんの新年のご多幸をお祈りしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿