2013年12月26日木曜日

【ニコ爺カメラ話】非純正花形レンズフードを試す

80-200ミリの200ミリ側でまずは問題なし
80ミリ側も大丈夫!
ウフフ☆オッケー♪ でもないけどね
先日、密林でレンズフードを見つけた。お付き合いいただいている方には私のニコ爺ぶりはたいへん悪名高く、「ニコンブランド」以外はロシア・ウクライナ製以外では「ニコンマウントサードパーティレンズ」さえ買わないほどなのに、珍しく「非純正」を買った。というのは描写に影響は及ぼさないから、かもしれない。とにかく、純正よりよい可能性があって安いから。

その名は密林に出しているネットショップによれば「Kernel製 Nikon HB-7互換 花型レンズフード」などといい、あとで検索をかけるとe湾でも"HB-7 petal hood""HB-7 crown hood"などとして見つけることができた。ニコンHB-7の名前を勝手に使うのはどうなのかな、と思うけど(たぶん違法です)わかりやすさのせいか。

なぜそういうものを購入したかというと、Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>で使っている純正フードHB-7を何度も割ったり落としてしまったからだ。破片はいまごろ三☆口駅の線路に落ちているだろう。プラスチックの円筒形で、それなりにはしっかりしているものの短くて遮光の効果があるとは思えない。かわりに、フィルターねじを利用して長いフードをねじこめないかとも考えていたが、どうにもカッコ悪い。

そこで、先端のバヨネットを利用できるもう少し長い花形フード(純正より安い)を見つけたので買ってみたというわけだ。APS-Cサイズ機で使っているので、長めのフードの方がありがたいのだ。

「こちら側が上ですよ」と印を入れましたよ

このバヨネットがねえ。キタイスカヤ・プロダクツィヤかしら?
密林のレビューにあったので事前に知っていたけれど、バヨネットを80-200mmでも以前のタイプに合わせているようで、製品名表記のある面を上にしてレンズに装着すると、花びらが大きくずれる。APS-Cサイズではケラれないので、精神衛生上の問題とはいえ、「レンズフードの使い方をわかっていないニコ爺」扱いされるのも癪だ。わざわざ「俺バカです」と世間に見せつけて歩くのも気が引ける。

ググってみたら、製品名のない側を下にすると花びらの角度がほとんどずれないそうだ。すげえ、取付方が1つしか選べないレンズフードってあまりないよな。そこで、忘れないように家にあった派手目な色のテープで取付指標を貼ってみた。

値段は純正より少し安いし、こういういい加減なシロモノに貴重な資源と労働力をつぎ込むのは、やっぱり社会主義市場経済のあの国の企業の製品なのだろうか。ソビエトの「トゥフタ」(おから工事、みせかけだけのやっつけ仕事)じゃないのだから、もったいないもったいない。資源と労働力がもったいない。

0 件のコメント:

コメントを投稿