2013年12月19日木曜日

【ロシアこぼれ話】「地下鉄Е形電車」のこと

コムソモーリスカヤ駅の環状線乗り換え通路より
先日、いつもお世話になってるおっとっとさんが、「社会主義日本エレクトリーチカ」として、フリーの「妄想電車」Nゲージを完成させたという記事を拝見して、ずっと訪問するチャンスがないまま時間が経っているモスクワ地下鉄のことを思い出した。おっとっとさんの作った電車は「もし第二次世界大戦後に日本の東半分がソビエト占領下として社会主義化したら、こんな電車が走っていたかもしれない」という「共産趣味」に基づいた電車だが、中国国鉄の客車や旧ソビエト諸国の地下鉄電車である「地下鉄E形電車(Вагон Метро Типа Е)」などを彷彿させる、りっぱなできばえだったからだ。

休止中のレーニン丘駅(現 雀が丘駅)。画面左はレーニンスタジアム(現 ルージニキのスタジアム)左奥の塔はロシア最古のラジオ塔であるシューホフのラジオ塔。右奥の四角いビルはロシア科学アカデミー

環状線「オクチャーブリスカヤ(10月)駅」エントランス

ここで、そのE形電車のことを簡単にご紹介したい。1959年に試作され、1963年から1969年にかけてムィティシ車両製造工場(モスクワ州ムィティシにある車両製造工場。現在は「メトロヴァゴンマッシュ」と改名)で作られた電車で、車体長19メートル、4ドア、第三軌条集電式。ゲージはソビエト流の広軌(1,542ミリ)。抵抗制御に発電ブレーキといい、デザイン的にも車体外部のコルゲートを除いては、日本の私たちにも馴染みのあるような地味な電車だ。

実際、大学のクラスメイトで訪ロ経験のある女子(別に鉄道にはくわしくない)に、「モスクワ地下鉄ってどんななの?」と聞いたら、その答えが「電車は東京とあまり変わらない」という返事だった。実際に自分がモスクワで目にして、たしかに01系や03系に置き換わる前の銀座線や丸ノ内線と印象はあまり変わらないな! と思った。内装に木が使われているところや、車両間の移動ができないところは違うけど、駅の直前のデッドセクションで室内灯が消えるところも、子どものころの銀座線を思い出して懐かしくなった。

でも、その地味な電車はモスクワ、サンクトペテルブルク、バクー、キエフの地下鉄で使われていた。その後のE形各種バリエーションを経て、現在の81-717/714形は旧ソビエト加盟諸国各地で用いられているだけではなく、旧東欧諸国(*1)に輸出もされ、プラハ、ワルシャワ、ブダペスト、ソフィアという首都の地下鉄でも使われている。一種の規格型電車(*2)なわけだ。

そんなわけで正直いえば、旧ソビエト加盟諸国や旧東欧のほとんどの地下鉄に乗っても、言葉さえ聞かなければ区別がつかないくらいよく似ている。だから当時は珍しくも何ともなくて、ろくに写真も撮っていない。少なくともロシアとは簡単に行き来できるさ、そう思っていたのだろうか。それこそ、なんという運命の皮肉か。


*1「旧東欧諸国」:かつての社会主義国である旧東欧諸国のことは、いまは「中欧」「中央ヨーロッパ」と呼ぶべきだ。日本では無頓着にいまでも「東欧」と呼ぶ方が多いが、あくまでも冷戦時代に鉄のカーテンの東西陣営どちらかにあるかという、イデオロギー的な区分だ。したがってその時代を「ソビエトに押しつけられた『社会主義と称するロシア風全体主義』によって発展の邪魔をされた」と苦々しく思い、ヨーロッパに復帰したと思っているあちらの人たちには嫌がられるのでご注意を。ただし、「中欧」でも「ミッテル・オイローパ」は「旧オーストリア・ハンガリー帝国領のドイツ文化圏」を指しドイツが主導権を握ろうという野望が見え隠れするので微妙。単なる「ツェントラル・オイローパ」です。

*2「規格型電車」:鉄道車両や自動車の製造について旧COMECON諸国内での分業体制が敷かれていたのはご存じの通り。電気機関車は旧チェコスロヴァキア(シュコダ)、客車は旧東独、近郊形電車はソビエト(ラトビア)、路面電車はチェコスロヴァキア(タトラ)、路線バスや自動車はそれぞれで国産車もあったようだけど、ハンガリー製バス「イカルシュ」(連節バスが有名)、などが有力で、おかげでどこの町に行っても同じものが走っていた。それだけではなく、そもそも新しい町は高層の規格型住宅が建ち、目抜き通りは「レーニン通り」「マルクス通り」。住宅地の新しい通りは「建設者第一通り」「平和通り」ばかりで、家の鍵も数種類しかない。人々の暮らしも規格型だ! だから、モスクワにもレニングラード(当時)にも、同じ名前の通りがあって同じ作りの家があり家具も同じで、ドアの鍵も開いてしまう。と皮肉って庶民を笑わせたのが、毎年大晦日にテレビで放映されるモスフィルムのコメディ映画『運命の皮肉、あるいはいい湯を(Ирония судьбы, или С лёгким паром!)』だ。

写真についての説明
■コムソモーリスカヤ駅の環状線乗り換え通路:写真は市の北東から南西に走るサコーリニチェスカヤ線のコムソモーリスカヤ駅。いちばん古い開業区間(1935年)なので、いかにもスターリンゴシックの典型のような大理石を使った装飾が施されている。ただし、撮影したのは1995年冬とモノ不足は解消されつつもハイパーインフレ時代。手前で新聞を持っている男は、安く入手した夕刊紙を転売して利ザヤを稼ごうとしている。このころは地下鉄駅でそういう人は珍しくなかった。

■休止中のレーニン丘駅(現 雀が丘駅)。画面左はレーニンスタジアム(現 ルージニキのスタジアム)左奥の塔はロシア最古のラジオ塔であるシューホフのラジオ塔。右奥の四角いビルはロシア科学アカデミー:レーニン丘(現 雀が丘)よりモスクワ市中心方向より南を眺めている。画面左はレーニンスタジアム(現 ルージニキのスタジアム)、左奥の塔はロシア最古のラジオ塔(1922年)であるシューホフによるシャーボロフスカヤのラジオ塔。右奥の四角いビルはロシア科学アカデミー。中央の橋は「ルージニキ地下鉄橋」といい、2階部分は道路(トロリーバスも走る)、1階部分は地下鉄サコーリニチェスカヤ線「レーニン丘」駅だった。設計ミスと施工ミスで駅は長年にわたって閉鎖されていた。

■環状線「オクチャーブリスカヤ(10月)駅」エントランス:1950年開業の環状線側の駅。目の前にいまでもレーニン像がある(レーニン像はすべてが引き倒されたわけではない)「10月(アクチャーブリ)広場」から命名された。レーニン像と地下鉄駅の駅名はそのままなのに、広場は「カルーガ(カルーシュスカヤ)広場」と改名されている。ギリシャ彫刻風のソビエト軍兵士のレリーフがなんだか。

0 件のコメント:

コメントを投稿