2013年12月20日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】あっと驚く奇跡……1010編成登場!

いい感じに日が差して来たぞ!
町外れの畑のなかで群馬から吹きつける冷たい風に震えつつ、地味なシモブクレちゃんを写していた。雲が気まぐれに沈みつつある太陽を隠してしまい、あたりは薄暗くなり、体感気温がさらに下がる。

ああ寒い寒い。足踏み足踏み。かじかむ指に息を吹きかける。ヒッヒッフー。いやいや、それでは産まれてしまうぞ。とか、ひとりでボケ突っ込み。それますます寒いわ!



そこに、風に乗って電車のジョイント音と警笛が聞こえてきた。電子音ではなく、空気で鳴らす警笛だ。これはまさか。いやそんな。

カーブを曲がり古い小さな鉄橋を越えて木立を抜けてやって来たのは、待望の1000系1010編成だった。そこに、太陽が雲の切れ間から顔を出した。あたり一面が光輝く。ためらうことなく二段絞る。まるでスポットライトが舞台の袖から当てられたかのようだ。

♪人生捨てたもんじゃないよね
あっと驚く奇跡が起きる

乗降客は数人だけ。電車はすぐに出発した。スポットライトはまだ消えない。ゆっくりと目の前を通りすぎる1000系電車がまぶしい。

いやあ、まさかのタイミングでセンダカンが現れたうえに日が照るとは。実に運がいいぞ!

そして、しばらく待てば下り電車でもういちどいただきだ!  やっほう!
と思ってホクホクしながら待った。

だがしかし……先に結論を言うと下りは陰られました(^^ゞ。まあ、仕方ない。
もうちょっと明るいイメージで撮りたかったけどね!
それにしても、まさにくじ引きのような運用と天気だ。そんななか、うまく晴れの光のなかで1カットでもとれたことはとても喜ばしい。といっても、ここで運を使ってしまうのは怖いけどねえ!

0 件のコメント:

コメントを投稿