2013年12月23日月曜日

【川越線205系撮影記事】205系をなんとか撮る

日没の頃にようやく205系に遭遇
 先日、山手貨物線区間内で埼京線・川越線の205系を撮ろうとしたらまったく遭遇できなかった話を書いた。筆者は平日は池袋を通るのに、合間に埼京線ホームを見ても車体の裾が膨らませてある、つまりE233系ばかり見るようになった。ラッシュアワーを外すとほんとうに205系になかなか出会わない。JR東日本(あるいは、新津製作所)の本気を出したときの勢いはすごい。



場所は気に入ったけど、残念ながらヨ233
もっとも、通勤客として乗るぶんにはやはり新しいE233系のほうが静かだし明るくていい。私でもそう思う。JR東日本の首都圏通勤路線の205系の車内は総じてもう薄暗くなってしまった印象で、特に夜の武蔵野線など乗っているだけでしんみりしてしまう(それは私個人の問題ですが)。でもやっぱり、椅子が! 走ルンですの椅子が嫌なの!
おうちに帰るところで205系登場かいな

下りで「埼京線」という行き先表示は嘘だよなー。川越線だもの
「時の鐘と蔵の町」は"別”の川越駅だ
むかしお台場の地下を走っていた3000番台(左)との出会い
この無愛想な顔つきが「国鉄形」ですね
というわけで、先日は高崎線沿線の所用のあとで川越線経由で帰宅することにして、少々寄り道して張ってみたのがこれ。川越線で撮るなら、南古谷の荒川橋梁の防風柵が取りつけられる前に撮ってみたかったのだけど、もうそんなことを言っているわけにもいかない。時間を見つけて撮ってみます! VVVF化されていない横浜線も撮らねばな。

0 件のコメント:

コメントを投稿