2013年12月5日木曜日

【1980年代末の秩父鉄道】秩父100形電車のこと


コニカFP・ヘキサノン52ミリ(1985年8月)
 【はじめに】旧ライブドアブログで数回ほど、秩父鉄道100形電車に関するエントリーを書いた。いま読み返すと初期の頃は稚拙な文章も多く、けれど写真は懐かしい。そこで、今回は2008年6月13日のエントリーを加筆して、写真掲載点数を増やして新ブログのエントリーとしようと思う。

少年時代を振り返ると、いまの秩父鉄道趣味をかたちづくったもののひとつに、なにかと家族を秩父へ遊びに出かけた機会が多かったことが挙げられる。自家用車を所有しない家で西武沿線在住であれば、秩父は当時おそらく西武鉄道が力を入れていた観光地でもあったし、電車一本で行けるわりに変化のある、行きやすい観光地だったからでもあるだろう。
コニカFP・ヘキサノン52ミリ(1986年4月)
初めて長瀞に行ったときも、三峯神社や浦山口の橋立鍾乳洞に行ったときも、御花畑で秩父鉄道の電車を待つのが楽しみだった。特にその頃の秩父鉄道は貨物輸送も盛んで、電車を待つ間に上下数本ずつ貨物列車が来るのを見ることができた。


いまでは石灰石の積み出しの主力が武州原谷貨物駅になり、日曜日は三輪鉱山からの出荷はないようだし、そもそも旧秩父第一工場もショッピングモールや道の駅や商業施設になり、御花畑で貨物列車を見る機会はずっと減った。

そして、貨物列車がさかんに走るなかを、他では見ることのできない秩父鉄道自社発注も電車が走ってくるのが私にはとても興味深かった。

車内の内装が木目を活かしたニス塗りでシートが緑色の100形。湘南型デザインでオリジナルの急行300系と各駅停車の500系。そして、小田急からやってきたバス窓みたいな800系。タイミングが合うと国鉄や東武の電車がやってくる。
コニカFP・ヘキサノン52ミリ(1986年4月)
何度も書いているけど、100形は地味で無骨な電車ながら首都圏の私鉄ではめだって古めかしい電車に思えて、とても珍しく思っていた。西武にも釣り掛け電車はいたけど、私が覚えているような電車は内装がデコラ張りにされ床がリノリウムになっていたから、なおのこと100形が古色蒼然として見えて新鮮だったのだろう。

長瀞で新聞の積み込みを見たこともある。クハニ20から新聞を降ろしていたと記憶する。

いずれも、SLパレオエクスプレスの運転が始まる前のこと。1988年にパレオエクスプレスが運転を開始して、静かだった秩父鉄道沿線の様子は一変した。観光客や研究熱心な私鉄ファンはいても、撮影地に三脚が林立することはそれまで見たことがなかった(そもそも、他の撮影者に会ったさえなかった)のに。主な撮影地は早めに行かないと満足に場所を押さえることができなくなったのだ。

そんな状況に面食らいながら数回秩父に通ってみた。すると、パレオエクスプレスに雁行して100形が走る運用だったことに気づいた。思えばこの頃から、何かある日はネタ仕込みをしてくれる秩父鉄道の「仕込み」は存在したのだろう。

だから私はパレオ通過後になると、いっそう緊張しながら線路際にいた。私にとっての「本番」がこれから始まるのだから。

パレオエクスプレスを狙って来る撮影者の大半は100形電車のことを知らず、パレオが通過すると混雑していた撮影地からファンがいっせいに姿を消すものだった。そうなると、撮影アングルがほぼ完全に自由になるのが、正直言えばうれしかった。

たまには、秩父鉄道を知らなくても周囲のファンをきちんと観察できる人もいる。SL通過後にアングルを変えずにカメラを構えていたら、なぜカメラを片付けないの? 何か来るの? と尋ねられたことがある。ベテラン(いま思えば、いまの自分くらいの中年の男性だった)となると、きちんと周囲の様子を観察できるものだと心の中で拍手した。

もちろん、釣り掛け駆動でシルヘッダーつきの旧型電車である100形電車が来ますよ! と教えた。撮影地で会ってあいさつを交わした人は仲間だと私は思う。そういう人たちとは情報は共有できたら楽しい。

騒がしかった1988年春が終わってしばらくした同年6月、100形電車は姿を消してしまった。高校に入学したばかりで、部活の先輩が新聞でさよなら運転を行うことを知ったと教えてくれたのに、どういうわけかさよなら運転に行かなかった。
ニコンF-301・シグマ75-210ミリ・1987年3月
そして、そのまま私は鉄道趣味から離れてしまった。その理由ももうよく覚えていない。大人になる通過儀礼として、子どもっぽくてあか抜けないと思い込んだ鉄道趣味を一度捨ててみたいと思ったのか。シニカルを気取った思春期特有のカッコつけだったのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿