2013年12月6日金曜日

【1980年代末の秩父鉄道】秩父100形電車のこと その2

【はじめに】昨日のエントリーでも記した通り、以前のライブドアブログで数回ほど秩父鉄道100形電車のことを書いている。過去のエントリーを読むとその文章の稚拙さに顔が赤くなる思いだ。そこで、写真は以前お見せしたものではあるが、新ブログでは新たなエントリーとして書きおろすことにする。
クハニ29を正面から(1987年8月)
秩父鉄道100形電車や急行形の300系電車が気になり始めた頃は、一眼レフに交換レンズとリバーサルフィルムを用いて本格的に写真を撮り始めた時期でもある。思えば運がよかったのは、コダクローム64で100形電車を少しだけ写真に残すことができたこと。おかげで、25年ほどたってもコダクロームのなかで100形電車は色褪せることなく走り続けているかのようだ。



リバーサルフィルムを使って秩父鉄道を撮り始めたのは1987年の8月なのだそうだ。手元に残っているポジフィルムのケースにそう記されている。その直前に親から借りていた古い一眼レフを壊してしまい、代わりにニコンの一眼レフを買ってもらったからだ。新たに買ってもらったF-301はプログラムオート搭載のカメラで、ワインダー(ニコンではモータードライブと称した)搭載の機種。エントリーユーザーの私でもリバーサルフィルムを使いやすい環境になったから、鉄道誌やハウツー本にあり当時のカメラマンたちが絶賛するKRやPKRを試してみたくなった。もちろん、いままでなかなかうまく撮れなかった「走り」を撮ろうと試みた。
最後に残ったデハ+クハニ×2の4連(1988年3月)
秩父鉄道で撮影されている方ならご存じの通り、午前中の下り列車の先頭が基本的に順光になる。100形は上り方にデハ100形がいたので、順光で正面を狙った写真はほとんどが下り方のクハニ20形ばかりだ。当時、「前パン」になる電車は100形と800系だけだったが、800系は下り方にパンタグラフがあった(冷房改造後の1000系*と同じ)。

1987年にはすでに、100形電車は4連が1編成か2編成しか残っていなかったと思う。すでに800系によって3両編成は置き換えられ、さらに1000系(JR東日本101系)の導入が始まっていたから、沿線で張っていても1運用程度しか遭遇しなかった。だからこそ、なるべくいろいろな場所で撮ろうと撮影地の開拓につとめた。
中央に運転台があったことをこの写真で思い出した(1988年3月)
中学生でいまよりもずっと元気があったと思うのは、撮影地を探して沿線をよく歩いていたことだ。白久から浦山口まであちこちの桑畑を見ながら歩いたり、武州原谷(貨)と黒谷(現和銅黒谷)のあいだの切り通しに行くべく、大野原から歩いて雑木林を通ったものだ。当時は撮影地のガイド本も数えるほどしかなく、荒川橋梁と上長瀞の桜並木以外は、鉄道誌の記事にあった撮影地で撮るにも、自分でアクセス方法も探すほかなかった。いまでも焦げたブレーキシューや油の匂いをかぐたびに、あの頃の線路際や線路際に行く途中の道を思い出して懐かしい気持ちになる。そしていまでも、同じことをしていると思うと少しおかしい。

* 「冷房改造後の1000系」:1000系は秩父鉄道に導入された当時は冷房改造されておらず、デハ1000形は国鉄クモハ100形のままに連結面にパンタグラフを一基搭載するだけだった。ただし、当時の秩父鉄道の仕様に合わせてPS13形が使われていたところがけっこう好きだったっけ。見ることがかなわなかった旧型国電みたいだったからね。余談だが、いま導入が進んでいる2連の7800系(ナナハチ)は100形のように上り方にパンタグラフがある。撮るにはいろいろ工夫が必要そうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿